kbdfans? Pudding double-Skin Backlit Keycaps

Kbdfans名義の製品だけど別のショップで購入したのでメーカー名は合ってるか不明です...蟻特急とかでも売ってたかなぁ?英語での製品名は「Pudding double-Skin Backlit Keycaps」とかですね。名前の通りプリンみたいな造形です。

よく見かける黄色と緑色のロゴが付いたパッケージに二段重ねで収まってます。

これはキーキャップの側面が乳白色でキーボード側のLEDで色が変わるタイプですが、予め緑色とか黄色とか色つきのものも存在するようです。トップ面は黒ですが茶色だったらもっとプリンみたいに見えるかもしれませんね。

Varmiloのキーボードに付いてくる引抜工具に似てるかな?

台座には文字が印字されてるので収納時に迷わないです。

幾つか並べた見ましたが構造的にはダブルショットになるのかな?キートップ面の文字が下側の乳白色な素材を挟み込んで成形されてるのかは不明...予備のキーは無いので分解はしたくないww

ちなみにこれ以外にも乳白色の部分が透過しないタイプのセットも購入してあります。そちらは以前紹介したKailh製のキーボードで使われてたキーキャップと同じようです。

なんか寿司キーキャップと呼べそうな造形...

造形はバリなども特に無くて工作精度は良さそうです。

最近ハマってる韓国系デバイスのキーボードのキーキャップと交換してみます。キーボードの名前はMaxtill製のTron G400K紅軸です。これは白筐体版ですが黒版もあり各種軸が選択できます。

かなりLEDの光量が強いですね。このままでもいいんだけど...

左がオリジナルキーキャップで右が今回交換する🍮キーキャップ。フォントは似てるけど🍮の方がやや細身かな?キーキャップ全体の表面は似たような感じですね。

試しに1つ装着!中々いい感じなのでこのまま交換作業を行います。

なんか不思議な感じのキーボードになりそう。

面倒くさい作業だけど30分ほどで外し終わりました。力任せに外すと軸のピンと基板に悪影響があるんじゃないかなぁ?と最近思うようになりましたので作業は丁寧に行ってます。

打鍵音は若干変化がありました。🍮キーキャップのほうが打鍵時の音が低いかな?打鍵時の感触は同じでした。

矢印キー1個だけ残して装着完了!

通電させました!これはデフォルトのLED発光ですが幾つかの可変パターンが有ります。動画は撮ってないのでそのへんは省略...

うーん、いい感じ。因みに軸はOutemの紅軸でクリアタイプの軸なのでLEDの透過率が良いですね。これはオレンジ単色のキーボードですがRGBのキーボードだともっと面白いかも?

真上から見ると🍮ですね。

だいぶ印象が変わりました。オリジナルキーはハングル向けなのでこっちのほうが見た目もスッキリしてる。

暫しの間見とれてましたww

部屋の照明を落とすとこんな感じ。インジケーターも補色の青系なので良いアクセントになります。

近日中にこのまま🍮キーキャップを付けたままで、このキーボードの紹介記事など書こうかと思ってます。







0 件のコメント:

コメントを投稿

Asus TUF Gaming M5

自作PC系ブランドの TUF GAMING 名義で発売されたゲーミングマウスの M5 です。高級機と言うわけでは無くミドルレンジなセンサーを搭載してるのか価格は控え目...重量は85g、ミドルサイズでお尻が高めなデザインで価格の割にしっかり作られてるようですが開封時にマウス本...