Britz BE-PD03 Professional Mouse Pad

Britzは韓国で有名なサウンドデバイス系のメーカーかな?以前同社のサウンドバーという製品を購入したことがありますが、まぁお手頃価格でちょっと高級感のある製品が多いかなぁ?今回はマウスパッドを購入してみました。

スモールサイズのマウスパッドですが厚みが5mmなのでパッケージは大きめ...

サイズは...270☓220☓5mmですね。基本韓国向けなのかハングル表記。

生地面を直接触れる小窓付きです。英語の解説文もちょっとだけ有る。

こんな感じで巻きぐせを最小限に収めるように収納されてます。

センサーに気を使ってるのか見る角度や照明とかで印刷されたイラストが見えたり薄くなったりするかな。

開封直後ですが浮きや巻ぐせは抑えられてます。なので即使用できますね。厚みは5mmでこれは韓国系メーカーでよく使われる規格なのか?

なんかいろんなデバイスのイラストが印刷されてます。

ちっちゃい文字は英語みたいだけど潰れて読めませんね。「Play the game」とあるのでゲーミングマウスパッドでも使えるということかな(そもそも国内ではゲーミングを冠すれば値段が高くなるけど韓国はそうでもない感じ)

現在愛用中のBloodyのマウスパッドとほぼ同じサイズ。 厚みも同じくらいかな?

Bloodyのマウスパッドはキツキツに巻かれてパッケージングされてたので浮きを取るのに半年位かかりました...比べた感じステッチの裁縫処理などはBritzの方が上質です。

画像では同じような生地面ですがマウスの操作感はかなり異なります。Bloodyのそれはコテコテのコーティング仕様で滑りまくりですがBritzのマウスパッドはナチュラルな感じでどちらかというとコントロール向けですね。ステッチも生地面より少し低い位置になってるのでマウスソールが干渉しません。なんでもかんでも台湾製の方が優れてるっていう先入観は改めないといかんなぁ...

このサイズなのでローセンシ、狙撃とかに合うマウスパッドかも。

一応熱処理は施されてるかな?

生地面のアップ。

裏面は天然ラバー素材。ちょっとステッチが出っ張ってるのが気になったかな?




0 件のコメント:

コメントを投稿

Spigen Regnum A100 Mouse Pad

12月になったら更新頻度を上げると言いながらサボってます。今は工具とかガジェット系に夢中なので暫く物欲がそっちに向きそうですが...来年は自作PCなど久々に考えております。記事化できるデバイスはまだ50以上あるのでぼちぼち更新していきます。 今回はマウスパッドですがあまり...