Fnatic Gear miniSTREAK RGB Tenkeyless

年末から年始にかけてトラブル続きで更新がかなり遅れてしまいました...不安要素はほぼなくなったので少しは更新頻度が上がるかもしれません。

今回はFnatic GearのテンキーレスキーボードminiSTREAKです。現在は言語別の配列版が発売されてるようですが、私は発売直後にほしかったので韓国語版を輸入してます。まぁ基本はUS配列なので使用に問題はないです...

  • Product Dimensions :Width: 360mm ,Height: 142mm ,Depth: 36mm
  • Net Weight :704g
  • MCU & Memory :NXP / 8 MB
  • Lighting :RGB 16.8m Colors
  • Polling Rate :1000Hz
  • Cable Length :2.2m Detachable
  • Switch Type :Cherry MX Red Silent
 見た感じオリジナルデザインで金属筐体に見えるような上質な塗装で仕上がりのキーボードです。ソフトウェアは今回導入してませんが、導入すればカスタマイズ性は良さげです。アームレストが付属してますがこれは今までに見たアームレストとしては最上のパーツ構成ですね。2パーツですが工作精度、剛性、可動機能?など他社製に比べてかなり優れているように思えます。

パッケージも厚みのある上質なものになってます。

パッケージの記載文は英語のみですね。

チェリー静音紅軸搭載です。配列は韓国語。ちなみに韓国語は難しくてわかりません...

中も上質な固定用スポンジ?などでしっかり収まってます。

この下にアームレストとマニュアルが入ってます。黄色い箱には脱着式のケーブルが入ってます。

添付品のアームレストとマニュアル。

マニュアルは多言語版で日本語の解説文もあります。あとはおまけのステッカーが入ってました。

 なんかバカ丁寧な機械翻訳のような日本語マニュアル。

「競争モード」ってあるけど要はゲームプレイ用の設定で余計な機能は無効になるってことですね。

アームレストは人造皮みたいな感触です。緑の蛇みたいにラバーコーティング仕様じゃないので好き。

磁石を使ってるようです。パーツは金属製の台座にアームレスト部のパーツを取り付けるような感じになってます。金属製なので他社製のアームレストのように歪みや反りが有りません。

 USBプラグは金メッキ仕様。脱着可能です、ケーブルの素材はビニールっぽいけどマットな仕上がりでそこそこ柔らかくチープ感もない。シリコン製のバンドも付属してます。

 メーカー刻印入。

メーカーカラーのオレンジ。この辺にもこだわりを感じる。

ゲームモードにすると単色カラーになるようだけど、一応RGB仕様なので発光パターとかも豊富にあるようです。

プラ素材の筐体だけど塗装処理が秀逸で金属製に見えます。剛性や工作精度も問題なし。

マクロ割当専用のキーとかはない普通のTKLキーボードですが上部に各種ボタンが装備されてます。

これは「Winキー」無効化だったかなぁ?実はあまりいじってないのですべての機能を把握してませww

やはりハングル入力仕様の刻印が邪魔かなぁ?キーキャップはダブルショットなので外すのももったいないんだけど。

基本US配列と同じなので打鍵時に迷うことはないです。

特殊なボタン。ミュートとかマイクオフ、ゲームモードなどですね。

インジケーターは控えめな発光。CapsとSLしかないです。

LEDカラー変更とか発光パターンはソフトウェア上でいじるほうが簡単そうです。

「Fnキー」との組み合わせでいじれるんだけど独特な操作方法でマニュアルを見ないと難しいかもしれない。任意の配色とかもできるみたい。

背面です。ケーブルマネージメントは1箇所のみになってます。

このロゴも発光してます。カラーとか発光パターンを変更できそうな雰囲気。このパーツ脱着可能なようです。

底面はフラットな感じ。ケーブルマネージメントの構造が独特ですね。

製品シール。

ラバー製の滑り止めですが横幅がかなりある。本体のみは1kgないけどアームレストつけると多少重くなるし効果はありそう。

チルトスタンドは横に開くタイプ。軸部分が少し細身で不安なところもある。

閉じだところ。

ちょっと取り外しが難しいケーブル接続部。マネージメントの溝はケーブルがピッタリ収まるようになってます。この構造なら不意にキーボードを引っ張ってもワンクッションありそうなので安心かなぁ。

少し使ってみましたがアームレストの使用感が良いですね。ちゃんと人間工学的に設計されてるのでしょう。手首の負担がかなり緩和されてるのを実感できた。

耐久力はわからないけど手触りとクッションが良い。

アームレストの裏側。手抜きなしな設計ですね。コストもかかってそう。

 チェリー静音軸です。紅軸のみなのかなぁ?

チェリーの刻印。

ソフトウェアは省略しますが、興味のある人は公式サイトでも覗いてみて。

Galax XANOVA Phobos Luxe-SR Gaming Mousepad

2019年おめでとうございますと言いたいところだけど、個人的にはめでたくないことばかりで萎えてます。更新頻度も減ったしゲーミングデバイスに対する収集欲も減ってるのも事実ですが、まぁ暫くは続けて行けそうです。

新年第一弾はマウスと言いたいとこだけど...最新大陸系マウスの到着は1月中旬になりそうなので過去入手のデバイスで...

光るマウスはたくさん持ってるけど光るマウスパッドははじめての購入になります。この手の製品はOEMものが多いようですがこれはオリジナルなのかなぁ?自作系PCで有名なメーカーのゲーミングブランドの製品になります。 製品名はXANOVA Phobos Luxeですが2種類あるようで、パームレスト付きとそうでないものがあるようです。私が入手したのはパームレスト付きのPhobos Luxe-SRです。

  • Luxe-R - 320x270x22mm
  • Luxe-SR - 320x270x22mm, Palm Rest 310x45x18mm 
違いはサームレストの有無だけでサイズは同じですね。

なかなかおしゃれな感じのパッケージですが、かなり大きい。

厚みもあるけどパッケージの紙素材は薄めで輸送時の凹みなどが散見されます。大陸券とか東南アジア圏で先行発売されてるのかな?国内ではどうなるのか不明...

多言語の解説文がきさいされてまして日本語の表記もあります。

ちょっと怪しい日本語ですね「山のように安定した...」云々が大陸的な表現に思える。

こんな感じでプラ素材の台座に収まってます。

マウスパッドの下にマニュアルが付いてました。表記はPhobos Luxe-Rですが共通仕様のマニュアルですね。

カラーは9種類、7種類の発光パターン、5段階の輝度調整が可能のようです。

まぁ操作方法は簡単そうですね。

ロゴ入りでちょっとかっこいいUSBプラグ。同時発売のマウスと同じ形状かな...ケーブルはメッシュタイプでかなり柔らかう机上での自由度が高い。

パームレスト付きなのでそれなりに大きいです。パームレストは好みが分かれそうです、脱着できたら良かったかも?

取り敢えず通電させて見ました。明るい部屋ではLEDの効果がわかりにくいかなぁ?

照明を落とすとばっちりLEDが映えます。デフォルトではRGBでランダムに変化するパターンだったかな?キーボードとの組み合わせも良い感じ。

単色カラーをいくつか載せます。

これはピンク系。

オレンジ系かな?

黄色系。このあとは寒色系になりますが省略。

発光パターンは豊富だけど静止画だと説明難しい...

実際ゲームプレイ中は見ることもないんだろうけどね。

XANOVAのロゴはレーザー印字?

トップ面のコントロール部。押すだけですね...プレイ中にマウスがガッと当たる可能性はありそう。

滑走面はハードタイプなので耐久性は限界があるけど、製品自体の作りは良い感じ。

滑走面のアップ。ハードタイプでよくある処理ですかね。

よく滑ります。滑走音は控えめかなぁ?

山のごとく安定しますw

製品シールです。




Fnatic Gear miniSTREAK RGB Tenkeyless

年末から年始にかけてトラブル続きで更新がかなり遅れてしまいました...不安要素はほぼなくなったので少しは更新頻度が上がるかもしれません。 今回は Fnatic Gear のテンキーレスキーボード miniSTREAK です。現在は言語別の配列版が発売されてるようですが、私...