Thinkway K66 RGB MACRO

久々のキーボードです。韓国メーカーThinkwayの製品ですがガワはおそらく大陸系...サイズは小型の66keyです。その他の特徴としてはハードウェアマクロ搭載とホットスワップ可能なOutem軸搭載と言ったところかな。

中々凝った表面処理のパッケージ。カラーはこのメーカーカラーの黄色。グローバルな展開は考えていないようでハングル表記のパッケージです。当然キーキャップもハングルタイピング仕様ですが英文、日本語問題なく使用できます。(私はIME切り替えをマクロで右Altに割り付けてます)

裏面はこんな感じ。

筐体はトップ面が金属製で筐体カラーはブラックのみかな?軸は幾つかの選択肢がありましたがホットスワップ可能とのことなので無難に茶軸を選択。

キーボードのみでマクロ作成から割り付けまでできるようですがソフトウェアは英語UIにできるのでソフトウェアからいじるのが楽そうです。

えーとこれはオリジナルのキーキャップではありません...上にあるグレーのキーキャップがオリジナルですが「ポリフェニレンスルファイド」製のキーキャップセットを装着してます。ハングル表記のキーキャップって打鍵ミスが多いんだよねwwまぁこのキーキャップも印字が見えにくいんだけどww

66keyとか68keyなんてのが最近の好みです。省スペースでゲームでも問題なく使える。特殊なショートカットとかはマクロで弄れるので便利かなぁ...

透過タイプのキーキャップじゃなくても隙間から漏れる光が良い感じ。

背面。ケーブル接続部は1か所固定式。

工作精度、剛性はまぁまぁ。金属素材はトップ面のみで厚みは1mm程。その他はプラ素材ですね。

まぁ高級感はないけど梨地処理が良い感じ。デザインからすると大陸系森松尼の金型を使ってるんじゃないかと憶測。

インジケーターは青で適度な光量で眩しくない。CapsとWinキー無効化時に点灯。マクロ作成時には両方のLEDが点滅動作します。

開封時の画像はSNSで上げたけどどっかいっちゃった。これがオリジナルのハングル向けキーキャップです。

フォント部がちょっとごちゃごちゃしてるのであまり好きではない...

OUTEMUのBox茶軸。

軸自体は物は悪くないけど筐体側の天板が薄めなので少し打鍵音が大き目に響くような気もする。

ケーブルは細身のメッシュタイプ。

底面は一体成型で水抜き穴は無し。防水とは謳ってないかも。

製品シール。

滑り止めのゴムは薄めだけどこの形状なので効果大。指先で押してもほとんどずれることはないです。

チルトスタンド先端に大型のゴムが付いてるけど本体は少し安っぽい。立てた時にかなり遊びがあるのが気になる。

下ろしたときは安定してる。

一応ホットスワップを謳ってるんだけど...かなり硬めでうかつに外すと爪部分かなんかを破損しそうなので今回ホットスワップの機能紹介は無し。

隙間から見えた基板。

謎の穴がある。基板と天板の固定具かな?

ソフトウェアは多言語仕様。

LEDのエフェクト機能は充実で18種類あるようです。カラーもキー毎に個別に変更可能。

マクロ機能の設定はちょっとわかりにくいけど、キーボード上で行うより楽なはず。

キーキャップを元に戻す前に最近購入したチベット語キーキャップを装着してみました。こっちの方がカッコいいかな?

雰囲気は良いけど英文字がさらに小さいのでやはり打ちにくいww

まぁ見てる分には楽しめる。

Skydigital Mechanic Go90

相変わらず更新頻度が低めですがデバイス集めは継続しております...流行りの穴ぽこマウスは買ってないけど...

今回は韓国メーカーSkydigitalの新作らしいPMW3360を搭載したGo90です。最初G090という名称かとおもったら「Go」のようです。あとはKailhスイッチを搭載してるのも特徴かな。ガワに関してはおそらくmotospeedV100なんかが元ネタかなと思ってます。あちらはPAW3327なるセンサーを搭載して底面のLEDとかサイドボタンの形状が異なりますが金型は同じじゃないのかなぁ?

諸元とかはハングルなので省略...公式サイトも一時期閲覧できるようになったけどなんか国外からのアクセスを弾いてるような?

Kailhスイッチ搭載なのでメカニック?新シリーズなのかなぁ?

グローバルな展開は考えていないのか?ハングル表記のパッケージです。マニュアルにも英語の記載はなくハングルのみ。ただソフトウェアは英語に中文が含まれてました。インストール時に選択できる形式ですね。

添付品はマニュアルのみ。

簡易なマニュアルです。ソフトウェアにはなにやらPUBGとかで使う怪しい機能があるような雰囲気。ゲームモードとオフィスモードがあってゲームモード時に真ん中のボタンにそれらしい機能がデフォルトで割り付けて有るようです。

金メッキ仕様のプラグ。ケーブルはビニールタイプでちょっと安っぽい感じ。

トップ面はラバーコーティングに思える仕上がり?プラ素材そのままだと思うんだけど指先でなぞるとなんかしっとり感がある。もしかしたら湿気のせいかもしれんが...

最近購入してないけどなんとなく某ZOWIEの影響があるような気もする。(最新デバイスはあまり把握してないのでてきとうです)

ホールド感は良いけどサイド面が滑ります。一応梨地処理だけど滑り止め効果は皆無。

闇のデバイス勢ならパラコード化するんだろうけど、私はいまだトライしてない。サイドに滑り止めのテープとかパラコード化すれば良さげなマウスになりそうなんだが...ちなみに重量は100gと記載がありました。

左サイドの3つボタン。なんか「蟻特急でみかけた」とむしにゃんこ言ってたのを思い出した...(むしにゃんこさん、最近デバイスから遠ざかってるような...)

右サイド。motospeed版はサイド底面のLEDが無かったかな?

あ!思い出した深圳系のMAGIC-REFINERがこのマウスの元ネタかな?まぁあのメーカーはどっかのパクリとかセンサーがぁゃιぃので買わなかったけど...韓国メーカーはデザインはコピーか同じ金型だけど中身は向上版なのでまぁ信頼してますww

工作精度や剛性感は十分です。表面処理とケーブルがよければ文句なしかなぁ?

トップ面とサイド面の違いです。

ちょっと大き目で押しやすいサイドボタン。全ボタンで同じ押下感+押下音です。スイッチはタクトスイッチだと思う。

ホイールは強めの操作感。ノッチもかなり重め。DPI切り替えボタンは底面で操作するタイプなのでトップにはありません。

底面です。Skydigitalの記載がないのは何故なのだろう?ボタンが2つあるけど右がLEDのエフェクト選択で11種類もあるようです(未確認)右はDPI値変更です。おそらくソフトウェアでデフォルト値の変更はできると思う。

ちょっとぼけ気味だけどボタン部のアップ。

動画じゃないのでわかりにくいけどエフェクト変更時の画像。単色で呼吸タイプのエフェクトとか流れるようなタイプとかいろいろある。

この辺のカラーもソフトウェアで変更できそう。

多色グラデーション風。操作中に見ることはないんだけどね...

なんかマウスが滑らないなぁと思ってたら、保護シール剥がすの忘れてたww

専用のソフトウェアです。左下にバージョン情報がありますね。でも公式サイトが中々見られないのは困る(自分だけかもしれないが)

ゲームモードです。なんかぁゃιぃ機能が見える...

 PUBG用のショートカット機能なのかな?

LED関連の項目。

弄るのはこの辺かな。

ポーリングレート。底面にLED変更じゃなくてこっちをいじれるようにした方が良かったんじゃないかなぁ?

今週末あたり国内未発売マウスが到着予定です。もう少し更新頻度を上げられるようにがんばります~


SteelSeries QcK FaZe Clan Edition

マウスパッドとしては知名度の高い SteelSeries の Qck です。サイズが大きいので私の机では置き場所の制限があり中々使いにくいのですが...デザインに魅かれて購入したって感じの FaZe Clan Edition の紹介です。著名なクランらしいですが私は良く知らな...