Lincats NKEY-R3 RGB Mechanical Gaming Keyboard

Lincatsは深圳系のメーカーで韓国のSkydigital製品なんかを中文圏で販売してるメーカー?のような気がします。パッケージとかは独自版ですがSkydigitalのゲーミングマウスなんかも発売してます。(公式サイトはあるけど更新されてないしドライバー類もダウンロードできない)2年位前に購入したメカニカルキーボードNKEY-R3 RGBですが、まぁよくあるフルサイズのキーボードでマクロなんかの設定とかLEDの発光パターンなんかに力を入れてるようなキーボードです。雰囲気はDuckyのキーボードに似てるけどオリジナルっぽいですね。

  • Key: 104Key
  • Function Key: Multimedia 9 keys, Windows Lock, Key Lock, Mode change Key(N key/ 6 keys), Repeat speed 4 keys, Macro 5 keys, Macro speed control 2 keys
  • Switch: Kailh Switch (Red/Blue/Brown)
  • Anti-Ghost: USB, PS/2 unlimited input (N-key-Rollover)
  • Keycap Layout : Step scalpture2 type
  • Interface: USB, PS/2
  • Cable length: 1.8M
  • Dimension: 440x140x35mm
  • Weight: 1250g
  • The fastest keyboard in the world!
  • High quality mechanical switch (Kailh)&superior PBT double-injection keycaps.
  • Space-saving frameless design
  • 16.8M full color RGB LED
  • Fantastic RGB LED effect
  • Interactive RGB LED effect
  • Optimized game effect
  • Hardware Macro
  • User friendly Functions
なんか機能てんこ盛りだけど使いこなすのは難しそう...専用ソフトウェアを前に入手したような気もするが記事作成時には見つかりませんでした。

一応公式サイトにグローバル向け何てもあるので英語表記のパッケージで丈夫な素材かつ2重のパッケージになってます。

英語と中文2種類の解説文。

キーボードのデザインは韓国で製造が大陸と有ります。

軸はKailh茶軸を選びました。韓国でもSkydigital名義で販売されてますがLincats版はもう入手は難しいかなぁ?

内箱?です。

中はこんな感じ。添付品はマニュアルとPS2のアダプターのみ。

豪華な冊子風マニュアル。

機能は豊富のようですが設定方法を理解するのが難しそう...

発光パターンとかもカスタマイズできるようなこと書いてあったけど...一度翻訳しないと解ら無さそう。

肉厚な筺体です。なのでそれなりに重い...質感や工作精度はよさそうです。

ケーブルはかなり太いけど柔らかいので取り回しは良さそう。PS2アダプターが付いてます。フル機能を使うならアダプター装着しないとダメポみたいです。

取り敢えず手作業でミクさんカラー仕様にしておきました。

重厚感溢れるフレーム。表面は梨地風な仕上がりになってます。

LEDのエフェクトが数字キーに割り当てられてる。組合わせが沢山あるので全部を把握できてない。F9辺りに入力速度?の割り当てがあるけどたぶんPS2アダプターを付けないと機能しないような気がする。

マウス操作の機能があるらしいんだけど設定方法と操作方法がよくわからん...

横から見たところ。

背面部。ケーブルマネージメント機能が合って中央と左右からケーブルを出すことができます。

ゲーミングキーボードを謳ってるのでマクロ機能が充実してるらしいけど...たぶん使いこなせない。

この辺は何の機能かわからん。T1とかはレイヤー機能かなぁ?AUTOとかLOOPはマクロ関係のようだ。

スペースキーはSkydigital版と同じ刻印がある。

Nmouseと連動するのかなぁ?

インジケーターが多いです。

全部紹介しきれないけど...LEDの発光パターンが多すぎ。

画像は悪いけど実物はかなり綺麗。

底面です。ネジ穴が見えるので分解は簡単かもしれない。

製品シール。

チルトスタンドは滑り止めのゴムが大きい。

ケーブルマネージメントの構造。これなら無理に捻じ曲げなくても左右に排出できそうです。

Kailh茶軸ですね。

Skydigital版は軸の選択肢がもっとあったかも?

キーキャップは吹き付け塗装仕様なのが残念です...

現在Lincatsの公式サイトではファームウェアもソフトウェアも提供されていないようです。おそらくSkydigitalのサイトで入手できそうですがこちらも現在表示できません...




Thermaltake TT eSPORTS IRIS Optical Gaming Mouse HATSUNE MIKU EDITION

このブログでも紹介したことのあるTT eSPORTS IRISの初音ミクエディションを購入してみました。キーボードも同時発売されていたのですが青軸で日本語配列なのでちょっと購入欲がわきませんでした...ノーマルのIRISは確か国内発売前に海外から輸入しましたがまぁミドルクラスのマウスかなぁ?
マウスに関しては過去記事があるので参考程度で紹介しておきます。基本的にLEDカラーとソフトウェアがミク仕様ってとこで中身は変わってないと思います。

ミク好きの私にとってはパッケージだけでも買いかなww

パッケージ裏面。今のところ日本国内のみで発売のようですが...なんか海外でも出そうな気がしないでもない。

キーボードの方はミクさんのイラスト?入りのアームレストとかが付属してるようです。2回くらい売り切れになってますね...お金に余裕があったら購入して軸の交換とかしてみたい気もするけど、今週はレア物キーボード2枚ポチしたから当分ムリポ。

パッケージの内側です。ミクさんカラーがたまらなく良い。

添付品のマニュアル、保証書、ミクさん仕様のソフトウェアのダウンロードリンクのQRコードが書かれたペーパー。たぶん通常版のソフトウェアの壁紙?を変えただけだと思う。

なんか日本語の解説が無いような?

ダウンロードのリンクは日本語表記のオフィシャルサイトだった。

ケーブルはビニールタイプで癖がちょっとある感じ。USBプラグは金メッキ無し仕様。マジックバンドも付いてるけど、ここにもミクロゴが欲しかったww

そんなには大きくないけどふっくらしてホールド感は良い。デフォルトではミクさんカラーのターコイス色のLEDが発光してます。ソフトウェアでカスタマイズ可能ですがミクさんカラーのままが良さそうですね。

ミクさんカラーのDPI切り替えボタンがお洒落。

PMW3325だつたかな?最大5000DPIでアクセラレーションは20G。DPIのボタンがかなり目立ちます。

ケーブル接続部は標準的な作り。

DPI切り替えボタンはLEDじゃなくて正解ですね、塗装が綺麗です。

画像が悪いのですが実際は鮮やかなターコイス色で発光してます。

両サイド面にヘキサな形状の凸凹タイプ滑り止め加工が施されてますが効果は低目です。

トップ面は梨地風な感じの塗装処理ですがサラサラ滑ります。DPIボタンはたぶんタクトスイッチ。左右ボタンはちょっと高めの押下音です。サイドボタンも似たような感じかなぁ?

背面のロゴはミクさんの全体シルエット?ちょっと解りにくい気もする。

DPIを切り替えるとカラーが変化します。

DPI値は忘れたけどソフトウェアでカスタマイズできるでしょう。

まぁ綺麗に発光します。発光パターンもソフトウェアで変更できたような気がする。

解りにくいけどRGBで流れるような発光パターンとかもあります。

ロゴのアップ。

サイド面の滑り止め加工とサイドボタン。

ホイールは少しコリコリした感触で操作時の音は静かです。ノッチも軽めかな...

底面は保護シール付き。製品シールはノーマルと同じで特にミクさんの記載文は無いかな?

大き目のソールが付いてます。少し使ったけど操作感は良いマウスです。

ノーマルのソフトウェアと見比べたけど壁紙が異なるだけかなぁ?

言語設定が日本語以外もあるのでノーマルIRISでも使えそう。

カラー設定。発光パターンも数種類あるようです。

これで壁紙の種類が幾つかあれば面白かったかも。

マクロエディターは使い勝手が良さそう。

順番が後になったけどサイドボタンの設定画面。

Lincats NKEY-R3 RGB Mechanical Gaming Keyboard

Lincats は深圳系のメーカーで韓国の Skydigital 製品なんかを中文圏で販売してるメーカー?のような気がします。パッケージとかは独自版ですが Skydigital のゲーミングマウスなんかも発売してます。(公式サイトはあるけど更新されてないしドライバー類もダウン...