Cidooo MX202S Gaming Mouse

最近更新頻度が下がってますがデバイス購入は続いてます...クーラーのない部屋だとこの季節はやる気がおきませぬ。

そんなわけで久々の更新です。大陸の新興メーカーですがなんか怪しげなデバイスを発売してるCidoooMX Divisionシリーズ?のMX202Sマウスです。このメーカーのメカニカルキーボードも所持してますが、Flaretech軸を搭載してます。筺体デザインも某有名メーカーに似てるところがあります...某社のキーボードの詳細はよく知らねいけどこちらは軸の脱着が可能です...話がそれましたが本題のマウスの紹介などしていきますが諸元などは不明です。わかってるのはカラーが2種類で最大5000DPIの光学式センサーを搭載とのこと。PixArt PMW3310あたりを積んでるのかな?

 コンパクトすぎるパッケージです。グローバルな展開も視野に入れてるのか大陸向けっぽくない見た目。

 マウスは2種類、キーボードも2種類くらい発売してるかな?そこそこ早いペースで新作を出しているようです。

 添付品は中文のマニュアルのみ。

USBプラグからして独特な形状。ケーブルも初めて見る素材?脅威的な柔らかさです。

 マジックバンド付きです。ケーブルは銀色の皮膜?の上からクリアなチューブみたいので覆われてる。

撮影が下手なのでロゴ部分の美しいLEDを上手く撮れない...形状はシンメトリーでサイドボタン付き。

 サイド面とトップ面で異なる表面処理。ラバーコーティングではありません。

 なんとかロゴ部分を上手く撮れた。でもロゴマークは某S社を意識したような?CとOの組み合わせだと思うんだけどねぇ。

左右メインボタンはおそらくオムロンスイッチ。分解しようと思いましたが金属製ソールを採用してるので断念。DPI切り替えとサイドボタンはおそらく金属製で底面と同じ素材かな?

左サイドです。形状的にホールド感は良さ気だと思ってたけどビンゴ!サイド面の梨地処理が適度な滑り止め効果をもたらしてます...でも経年使用での摩耗は起こりそう。

 右サイド。特になにもありませんね...トップ面は微細なブラスト塗装かな?サラサラだけど微かに抵抗感がある。

 金属っぽい素材のサイドボタン。適度な反発力でタクトスイッチかも?「コチコチ」少し高めの音が出ます。

 トップ面のDPI切り替えボタン。これもサイドボタンと同じ押下感です。ホイールはちょっと見慣れない形状でラバー製ですね。センターボタン機能ですがかなり剛性感があります。ホイール動作はやや硬めで控えめなノッチ感。

 トップ面とサイド面の境界はクリアなパーツ。マウス全体の剛性と工作精度は高めです。よくある低価格な大陸メーカー製マウスとは一線を画す製品です。

 オリジナルデザインだと思います。有名メーカーのいいとこを集めたような感じかなぁ?

 少し使用してみましたが使いやすいかなぁ...でも金属製ソールなので好き嫌いが別れちゃうかも...

 意図的なのか個体差なのか解りませんが、心持ち上向きなケーブル接続部。前述しましたが柔らかいケーブルのお陰で取り回しはかなり良い。

底面です。ソールは見ての通り金属製です、センター部も金属製になってますがソールではありません。おそらく剛性を高めるための構造なのでしょう。

 ネジを外せば分解できるのかな?と思いましたが...やはりソールを外さないと無理みたい。

精度は低い測りですが...重量は113g。

ソフトウエアは公式サイトから...見事に文字化けしてますがUIは中文と英語を選択できるので問題なし。

 中文画面です。右下に言語選択がありますね。

ちなみに白色版はクリアな塗装のようです。機会があれば白色版も買う予定...見た目の高級感は白色版のほうが上かなぁ?設定項目は標準的です、パフォーマンスとボタン設定にLEDのカラー設定ですね。

 プロファイルも3つ保存できるのでオンボードメモリーを搭載してるのかも...

LEDの設定画面です。

Magicforce 49-Key Mechanical Keyboard

ミニサイズで人気のあったMagicforce Smart 68メカニカルキーボードをさらに小さくしたMagicforce 49-Key Mechanical Keyboardです。大陸系メーカーですがいまいち謎なメーカーのような?以前は海外から入手するしかなかったけど、最近は国内でも簡単に手に入れることができますね。今回はMassdrop経由で購入しました。

パッケージは無地で飾りっ気がありません。大陸ショップ版とかは別パッケージとかでるかもね。

今回は紅軸で黒筺体、LEDはアイスブルーにしました。

 まぁしっかりした梱包材のようです。発送通知から10日ほどで到着。

原本のをコピーしたような感じのマニュアル。印字が所々掠れてる...

49keyなので「Fnキー」との組み合わせを覚えるのが大変です。IME切り替えは「Fnキー」「Altキー」「Escキー」と3つのキーを押して切り替えるので日英混在のタイピングはかなり不便。レイヤー機能やプログラム機能が無いのも残念かなぁ。せっかくスペースキーが2分割されてるんだからなにかしら割り当てたいですよね。

金メッキ仕様のUSBプラグ。ケーブルは安っぽいビニールタイプです。まぁそこそこ柔らかいので取り回しの不便さはないけど...このみのMiniUSBタイプの汎用ケーブルを別途購入して交換するのが良いかも。

ここまで小さいキーボードを購入したのは初めてです。フルサイズのキーボードから移行するのは慣れるのが大変ですね。ショートカット機能を覚えないと使いこなせないです。自分的には75%キーボードが限度かなぁ...

天板部はかなり粗目の梨地処理。金属製ですが筺体自体はプラ素材かな?金属製の天板エッジ部は綺麗に研磨されてます。

現在メインのキーボードとして使用してるMistelキーボードと並べてみました。「矢印キー」と「Delキー」が独立してるのは便利かも。

エッジ部の造形が綺麗かな。

自立はできません。この画像ではケーブルを手で持って立たせてるところです。数字の横列がないので打鍵時に違和感がありますね、「Qキー」の位置は2列目っていう意識があるのでよく間違えます...

全キーにショートカットが割り付けてあります。位置も変則的なので万人受けするキーボードではないですね...

2つ二分割されたスペースキー。微妙に長さが異なります。

横から。ステップスカルプチャーになってるのかな。

背面です。ケーブル接続部は左端で固定方式。

接続部はこんな感じ。まぁぶつけることも無いと思うけど...衝撃には弱いかも...

Mini USBタイプです。

軸はプレートタイプのGateron紅軸。最近までしらなかったけどPCBマウントタイプの軸が5ピンタイプでプレートタイプが3ピンなんだね。

天板が金属タイプなので打鍵時の音が筺体と反響するかな?と思ったけど、意外に落ち着いた打鍵音。コトコト小気味よい感じです。天板側のプラスネジと底面の滑り止めゴムの裏にあるネジを外せば分解は簡単かも...ちょっと基盤とかも見てみたい。

残念ながら吹き付け塗装タイプのキーキャップです。

こちらはスペースキーのキーキャップ。

底面です。チルトスタンドは装備されてません。なので高さ調整は無し...

製品シール。メーカー名は記載されてませんね...

標準的な作りの滑り止めゴム。

KBDfans KBD661 Custom Keyboard Kit

久々の更新ですが今回はマスドロップ経由で購入した自作キーボードキットの KBD661 の作成記事です。と言っても自作キーボードに関しては素人同然の私なのでこれから自作しようという人の参考になるようなことは書いてありませんww パッケージは黒一色でややくたびれた感じ.....