Thinkway Croad M360 Wheek

ThinkwayのハイエンドマウスCroad M360 Wheekです。ガワはまぁSteel系列のそれなんだけど韓国メーカーの特徴と言える使用パーツの上位版搭載とか独自性のあるカスタマイズ性がある(ソールが2種類ある)とか、中々凝ったマウスのようです。

  • Sensor: Pixart3360
  • Keys: 6
  • Switch:OMRON CHINA D2FC-F-K(50M)
  • Resolution: 200~12,000 DPI with adjustable 5DPI
  • Polling Rate: 1000Hz
  • Scan Rate: 12000FPS
  • Maximum Speed: 120IPS
  • Acceleration: 50G
  • LOD: 1.8mm
  • Dimensions: Width: 68mm*Height: 39mm*Length: 125mm
  • Weight: 100g
オムロン50M使ってるのが良いかな?あとは添付品としてソールがあります。このマウスはマウスパッド側ではなくソールが「スピード向け」と「コントロール向け」となってるのも特徴です。

表パッケージはグロバル向けな雰囲気があるけど英語表記はあまりない。

裏パッケージ。上のパーツ表記のみ英語であとは韓国語ですね。

横面に諸元が書かれてる。

なんとなくXtrfyを連想するカラーとなってます。

添付品のマウスソールとマニュアル。マニュアルは韓国語のみです、ソールの方はデフォルトで装着されてるのがスピード向けで、予備としてコントロール向けのソールが用意されてます。

布系のマウスパッドに対していかにも摩擦係数が大きそうな雰囲気のソールになってます。

マニュアルはかなり簡易な感じ。

見た感じ普通のケーブルに見えるけど、かなり軽量で取り回しの良いケーブルです。普通のメッシュタイプに見えるんだけどね。USBプラグは金メッキ処理になってます。

パラコードには敵わないと思うけど...それでもこれほど柔らかく巻癖の無いケーブルは珍しい。

シンメトリーな形状でSteel系列なデザインですね。

いろんなとこでLEDが光ってる。剛性は高めだけど工作精度は標準的でちょっと隙間とかバリも散見できる。

トップ面は光沢感のあるグレーカラー。滑り止め効果は有りませんがサイド面の黄色い部分は全てラバーグリップの素材のような感じです。

ケーブル接続部は標準的な作り。

サイドのスイッチは何処製だったか忘れた...韓国系のブログかなんかで分解画像見たんだけど確か20g程の錘が内蔵されていたような?脱着可能なので軽量化は出来そうですね。

右サイドは特に何もなし。背が低く横幅も狭い感じで小指を乗っける所がありません。

古くはXai、最近ではSenseiのデザインをコピーしてる感じだけどそれらよりはちょっと小ぶりな感じ。まぁこの手のデザインは大陸でも国内でも受けが良さげ。

中々美しい仕上がり。LEDはデフォルトではランダムに発光するタイプですが底面にLEDのオン・オフスイッチがあります。もちろんソフトウェア上でカスタマイズ可能。

やや大き目のサイドボタン。押下感は遊びの無いタイプですがちょっとだけ癖のある感触。押下時の音は控え目です。

効果抜群と言うわけでは無いけど手汗や指先の脂なんかには効果がありそうな滑り止めのラバー。

大き目のメーカーロゴ。

DPI切り替えボタンはタクトスイッチかな?ホイールは標準的な動作。

底面です。左側にLEDオン・オフスイッチがあります。

前述したとおりソール側で滑走感を変えるタイプのマウスになってます。これはデフォルト装備のスピード向けソール。

これがコントロール向けのソールです。形状からすると張り替えるのではなく、スピード向けのソールの上に張り付けるような感じになってます。

ソフトウェアですがちょっと暗めなかんじで見にくい。インストール時に言語の選択画面は無かったのでOSの設定で判別してるのかな?

マクロエディターです。

設定項目はまぁ標準的か...

LEDの設定画面。




Skydigital NKEY G312 Spark

既に最新の多ボタンマウスでドラゴンと言うのが発売されてるけど、一応最新版Skydigital製マウスG312です。形状的にI.E3を意識してるのかな?そこそこ大型なマウスです。センサーの機種名が記載されてないけどPMW3360でいいのかな?

  • Tracking Mode: The most advanced 12,000DPI 3rd generation optical sensor
  • Keys: 6buttons with click-scroll wheel
  • Switch: 10M clicks switch
  • Resolution: 100~12,000 DPI with adjustable 1 DPI
  • Polling Rate: 100~1000Hz  with adjustable 10steps Polling Rate
  • Scan Rate: 12,000FPS
  • Maximum Speed: 250IPS
  • Acceleration: 50G
  • Interface: USB only
  • Cable Length: 1,8M
  • Dimensions: Width: 67mm*Height: 38mm*Length: 121mm
  • Weight: 115g


Nkey EngineとあるのでSkydigitalカスタムな機能でも搭載してんのかな?パッケージ表面は英語記載文でグローバル向けかと思いきや...マニュアルは韓国語のみ。でもソフトウェアは英語化されてる。

裏面は英語と韓国語が混ざってる。

中はこんな感じ。側面に特徴とかの記載がある、ハードウェアマクロ搭載とか、1DPI単位で設定できるとか...

添付品のマニュアルですが中身は全部韓国語なので難しい。

Sparkシリーズ共通な折りたたんだマニュアル。この方式は好きじゃない。

まぁイラスト付きなのでなんとか理解はできる。ちなみにG312専用ではなくSparkシリーズ共用ソフトウェアで機種ごとに認識してくれるタイプです。過去版のソフトウェアが残ってるPCではうまくインストールできない現象が私の環境で起きてます。

ケーブルは少し硬めのメッシュタイプ。プラグ部は金メッキが施されてません。

なんか変な形状だね。直線に近いような左サイドで若干右に傾いてる感じ。実際にマウスの上に掌を這わせると大きさが実感できる。

真上から...表面はすべて同じ塗装処理で軽い梨地仕様になってるけどかなり滑ります。ラバーコーティング処理じゃないのは良いんだけどサイド面の滑りはちょっと使いにくいかな?

正面から。上質な感じの梨地仕上げに見えますね。工作精度も剛性も十分ですがフォロワーさんでこのメーカーのマウスはすぐ壊れるなんてつぶやきも見かけました。

まぁ標準的な仕上がりのケーブル接続部。今回は分解しないけど韓国系のデバイス紹介ブログなんか探せば分解画像とかあるかもね。

控えめなサイズのサイドボタンが付いてる左サイド。サイドボタンの押し心地がかなり良い。押下時の音も静音仕様と言った感じです。

左から右に向けて傾斜してます。ホールドした時に掌がマウスに対して45度くらいの角度になる。これはちょっと癖が強すぎか?

まぁレビューできるほど使ったわけでもないので...あとは簡単に紹介する程度になります。

確証はないけど、なんとなく錘が内蔵されてるような重量配分。

目立たないけどマウスを動かすと呼吸タイプで発光するLEDが底面付近にあります。たぶんソフトウェアでカスタマイズは出来るはず。

左右メインボタンはオムロン系な雰囲気、サイドボタンも上質な押下感。

ホイール動作はかなり軽快!わずかにノッチ感を感じられるタイプになってます。丸いボタンはサイクル方式のDPI切り替え用になってます。

Nkeyのロゴ。 デフォルトでは呼吸タイプの発光方式になってます。カラーもランダムに変化するタイプです。

もう一度上からの画像。

使ってる人がどれだけいるかわかんないけど、サイズの目安でTyonと並べてみます。

Tyonよりちょっとだけ小さいかな?

底面です。ソールが少し小さいような気もする...

形状がちょっとアレだけどかなり滑るデフォルトソール。予備が付いてないのが残念、このメーカーの予備ソールは韓国系メーカーから出てたかなぁ?

まぁ見やすい感じのソフトウェアですが...メインパソコンでは何故かインストールできませんでした。「アンインストール」か「ソフトウェアのリペアー」項目しか出てこないのです...レジストリーとか弄って残骸らしきものは消したんだけど...ダメだったので別マシンにインストールしてスクショを撮りました。

1DPI単位で変更できるようです。「Double Click Protect」ってなんだろ?

この辺はじっくり検証したいところ...

RGB仕様のカラー設定。

各種割り付け設定。

マウスのインフォメーションですね。ファームウェアとソフトウェアの更新が簡単に行えます。

更新はオンラインでもオフラインでファイルを落としてからも出来ますが、オンラインなら数十秒で適用できます。

取り敢えずソフトウェアとファームの更新をしておきました。ファイル更新は頻繁に行われてるようです。








Galax Xanova Mensa Pro Gaming Mouse

グラフィックボードで有名な GALAXY がグローバルブランド「 GALAX 」になったようで、その辺のことは詳しくないんだけど...ゲーミングデバイスブランドの Xanova 名義としての第一弾? Mensa Pro を購入してみました。下位版の Mensa と言うのもある...