Cooler Master CM310

Cooler Masterのミドルクラス?なマウスCM310を購入しました。価格の割にはとても高品質なマウスの様に思えます。そこはかとなく過去に愛用してたRazer Lachesisに似てるところがお気に入りです(特に左右ボタンのサイド部)

ただソフトウェアに対応してないようなのでその辺が残念かなぁ...

いつのことながらちょこっとしかいじってないので操作感や性能的なことは書いてません。

  • Product Name: CM310
  • LED Color: RGB with 5mode
  • DPI: 7Levels(500/1000/2000/3000/4000/5000/10000)
  • Sensor: Pixart A3325(5000DPI)
  • Polling Rate: 1000Hz/1ms
  • L/R Click Lifespan: 30million times
  • Cable Length: Flexible Rubber,1.8M
  • Dimensions: 127(L)×71.5(W)×39.5(H)
  • Weight: 135g
  • Weight without Cable: 100g






Master Mouseシリーズと同じようなパープルカラーなパッケージ。国内で発売されるのかは不明です。

裏面は多言語の解説文で日本語の解説文も記載されてます。右利き左きどっちでもおkとか書いてある。

パッケージは2重になってる。この辺は大手メーカーなので丁寧な作りですね。

値段が控えめなのは中の台座の作りがアレだからかな?高級機だと台座がもっと高密度のスポンジ?だけどこれは見かけでそんな雰囲気を醸し出してるのかな?

ちょっとワロタ。

添付品はマニュアルのみ。

これも多言語で英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、中文2種、日本語、ロシア語となってます。ソフトウェアの記述やイラストがないのでボタン割り付けや固定DPI値の変更とかはできそうにない...

これはMaster Mouseシリーズと同じかな?ブランドカラーのパープルを使ったUSBプラグ。

フェライトコア付のビニールタイプなケーブルです。やや太目だけど柔らかくて巻癖も控えめです。

形状はシンメトリーで左にサイドボタンがあるので実質右利き用かなぁ。通電するとLEDが派手に発光します。

真上から。いろんなとこが光ってるのが解ります。LEDの設定はトップ面の丸いボタンが専用ボタンになっていてランダムな発光や単色、流れるような動作とかに切り替わります、ライトオフも含まれていました。

ホイールの形状が安物マウスのそれに似てるだけでその他の部分はかなり高級感のある作りになってます。細かいとこまで手抜きなしの工作精度ですね。ケーブル接続部やホイール前後の梨地仕上げとか、さすが大手!

この辺の作りをみると工作精度の高さが解ります。なにより左右ボタン他どのスイッチ類も確かな押下感と静穏性が素晴らしい!

ケーブル接続部の剛性もハイレベル。

左サイド。サイドボタンの押し心地と操作性が良すぎる。特筆点はサイド面のラバーグリップかなぁ?かなり強力なグリップ力です。指先がまったく動かないほどの効果があります。

右サイドにも装着されてますね。

往年の迷?マウスRazer Lachesisを感じた角度。この微妙な膨らみが指先に心地よい、押下音も静音仕様?というくらい静かです。オムロンスイッチではなく設計とパーツの良さから来るものなのかなぁ?

マウスとしては少し縦長っぽい感じかな...

サイド面の造形です。

トップ面のボタンもLachesisっぽく見える。ホイール動作は少し重たい感じで適度なノッチが感じられます。

このロゴは枠だけなんだけど...中にCooler Masterとか印字しないのはなんでだろ?

底面です。かなり大き目なテフロン製ソールが付いてます。

トップ面のLED切り替えボタンを押してみます。

これは単色カラー。

解りにくいけどLEDが横に流れるタイプ。

サイド面のLEDオフです。ホイールと背面のロゴ部分はカラー固定かな?

あまりいじってないのですがソフトウェア対応じゃないのでボタン操作派の人には制約のあるマウスだけど、価格帯からしたらかなり丁寧で実用的なマウスと言えそうです(軽量派の人には合わないかなぁ?)




Keycap交換7

最近は出所不明なキーキャップセットを集めてます。これはJKDKとやらのElvish languages Keycap Setです。最初はグルジアとかあの辺の言語なのかと思ったけど架空の言語ですね。トールキンの「指輪物語」とかで出てくるらしいです。簡単に言うと「エルフ語」です

汎用タイプのキーキャップケースに収まってます。この手の物はいくつか種類があるらしい...プラ製の立派なのとかダンボール製の物とか色々あるようです。

おまけの引抜き工具2種と手の形をした刷毛...これ沢山もらってるので余ってるww

引抜き工具はNKPCの金属製の短いやつが使いやすいので、おまけで貰っても使うことはないかな。

おまけ要素のキーキャップは無いですね。Duckyのキーボードで使えそうなキーキャップが4個あるのは嬉しいかな。あとはレトロタイプのCapsキーも付いてる。

エルフ語は詳しくないので何とも言えない...ウィキペディアに「エルフ語」があるので興味がある人は覗いてみて下さい。

DSAタイプなのかわからんけどキートップの面積が少ないかなぁ?この形状なので引っこ抜くのに一苦労します(背が低いし滑るので)

ボリュームのキーキャップ。Duckyのキーボードで使えます。

昇華印字なのかレーザーなのか不明...

工作精度と剛性は良さそうな気がします。

そこそこ厚みのある作りになってます。バリも目立たないかなぁ...

今回はFILCO Majestouch2に取り付けます。左は以前ダイヤテックから発売されてたハイプロキーキャップです。かなりサイズが異なりますね。

高さがこれだけ違います。打鍵の感覚も交換後は違和感があるでしょうね。

交換前の画像を載せております。

このハイプロキーキャップまだ売ってるのかな?

ハイプロの方が高級感と重厚感があるなぁ...

すぐ交換できると思ってたけど...FILCO Majestouch2ってスタビライザーを引っ掛ける爪みたいのがあったの忘れてた...外して交換するキーキャップに取り付けてはめ込むのに時間がかかった。

細長いドライバーとかで外さないといけない。

付け替え。これも丁寧にやらないと割れたり欠けたりしそうな感じです。

時間かかったけど完了!

まぁ悪くない感じ。

ハイプロに比べて背が低い分打鍵時の安定感はあるかなぁ?打鍵音も少し変わった。

正直文字入力は辛くなるww。エルフ語が解る人は便利だろうけどww

真上から。

この辺のキーは違うカラーが良かったかなぁ?

 さよならハイプロ。




Cooler Master CM310

Cooler Master のミドルクラス?なマウス CM310 を購入しました。価格の割にはとても高品質なマウスの様に思えます。そこはかとなく過去に愛用してた Razer Lachesis に似てるところがお気に入りです(特に左右ボタンのサイド部) ただソフトウェアに...