Hansung MKL16S BOSSMONSTER TFG Mechanical Gaming Keyboard

Kailhのスピード軸搭載で底面がクリスタル・クリアー・ケース仕様のキーボードです。底面のみRGB対応のLEDを搭載してるのかな?メーカーは大手っぽいHansungでゲーミングブランドなのかBOSSMONSTERというロゴがありますが詳しくは知らないww
製品名はMKL16Sかな...ちなみにスピード軸は3種類の選択肢がありましたが今回は銀軸を購入してみました。

  • Hansung Korea 2017 MKL16S BOSSMONSTER TFG Mechanical Gaming     Keyboard Black
  • XRGB BACK LIGT
  • MECHANICAL KEYBOARD
  • DOUBLE INJECTION KEYCAP
  • SPEED SWITCH (1.1MM)
  • BOTTOM RGB LIGHT
  • STEPSCULPTURE2
 ステップスカルプチャー2ってなんだろ?

パッケージはこんな感じ...あ!裏だった。

添付品は特になしで韓国語のマニュアルのみ。

と思ったらでっかい掃除用の刷毛と引抜き工具が付いてた。マニュアルは韓国語なので読めないけど、まぁFnキーとの組み合わせのショートカット機能とかLEDの発光パターンとかの説明かな。

この辺に英語の説明文。

筺体カラーは黒と白の2種類で軸は4種類ですね。リニアータイプが欲しかったので銀軸にしました。ピンク軸がタクタイルかくリッキーだったかな?

保護カバーとマジックバンド付のビニールケーブル。プラグ部は金メッキ処理されてますがケーブル自体はチープな感じ。

プラグ部はやや太目。

軸はKailhスピード軸ということもあって打鍵感がイイ感じ...キーキャップはダブルショットだけど光沢のあるキートップでなんか安っぽい気もする。

クリアな筺体ですがたぶん大陸系のOEM品かな?一応底面もプラ製の保護カバー付きだったけどスクラッチ傷が目立つ。

横から見るとPCBと軸が見える。見た感じ丁寧なハンダ付けで隙間などは無し。工作精度は良さげです。

取り敢えず光らせてみた。トップ面のLEDはRGBではなく7色くらいかな?これがいちばん派手な発光だけど、あとは単色のみ。キー毎にカラーを選べるようなことはマニュアルに書いてあったかもしれない。

天板は少し暗めのグレー、BOSSMONSTERのロゴが印字されてます。

側面はクリアパーツなので光ると綺麗。剛性は問題無さそうだけど傷が付きやすいかな...

底面はRGB仕様で発光ギミックが豊富すぎて把握できてません。流れるような発光が面白いけど動画じゃないと伝わりませんね...右左に流れを変えることもでき、移動速度や輝度調節も行えます。見てる分には楽しいけど打鍵時はチカチカして邪魔かもww

シルク印字かなんかでショートカット機能とハングル入力用のフォントがあります。この辺はマルチメディア操作とか発光パターンかな。

この辺はOSの電卓とかメールのショートカット。この角度だとキートップの見栄えがチープな感じ。

BOSSMONSTER」ロゴ。


ステップスカルプチャー2との事だけど何が異なるのか?

背面部。ケーブルはセンター固定です。

底面はこんな感じで鏡面風な仕上がり。底面の傷防止なのか滑り止めは大き目になってます。

製品シール。

チルトスタンド。ネジ穴があるので分解しやすいかもしれない。

滑り止め効果はいまいち...剛性もちょっと不安がある構造です。底面のスクラッチ傷も多いですね。

なんか独特な構造のケーブル接続部。

発光のパターンとかギミックは紹介しきれないので省略...これはFPS向けの基本形ですね。

キーキャップはダブルショットです。

Kailhスピード銀軸です。打鍵感は静かな感じで良い。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

Spigen Regnum A100 Mouse Pad

12月になったら更新頻度を上げると言いながらサボってます。今は工具とかガジェット系に夢中なので暫く物欲がそっちに向きそうですが...来年は自作PCなど久々に考えております。記事化できるデバイスはまだ50以上あるのでぼちぼち更新していきます。 今回はマウスパッドですがあまり...