Bloody B975 LightStrike III RGB Mechanical Gaming Keyboard

独自の光軸を搭載してるBloodyの最新キーボードB975です。同社の光軸シリーズではLight Strike (LK)という呼称が使われていますが今回の機種では3世代目の光軸搭載で国内では販売されてないかな?

  • Connector: USB
  • Key Style: Optic switch
  • Key Response:0.2ms
  • Anti-Ghosting Key:100% Anti-ghosting key
  • Gaming Keycaps:8 convex silicon keys
  • Hotkey:Multimedia Hotkey
  • Backlit:Customize RGB Animation
  • Backlit Brightness: Adjustable
  • Space-Bar: Screw enhanced space-bar
  • Memory Backlight: 6 Free driver RGB lighting modes
  • Key Lifetime: Up to 100 million keystrokes
  • Report Rate: 1000Hz/1ms
特徴としてはキーの耐久力が1億回とか反応速度が0,2m/sとか凄そうなことがパッケージに書いてあります。この手の値って実際にグラフとか数値にしないと解りにくいんだけど...このB975は一味違うというか実際にタイプしてると体感できると言えます(あくまでも個人の主観ですが)この記事もB975で入力してるのですが、とにかくレスポンスがイイ!

 パッケージはいつもと同じ雰囲気のデザインです。「LK3」とあるので3世代目ということが解ります。ただパッケージの素材も相変わらず柔な素材なのが残念。輸送時のダメージがけっこう気になります。

 Bloodyの販売体系ってよくわからないけど地域ごとでラインアップも異なります。これは大陸圏向けの製品のようですね。本系は台湾だけど大陸版は独自製品的な物が多いようで中には正式版?と疑うような製品も散見されます。最近は国内でも取り扱いショップがあるので以前に比べて入手性は多少向上してるかな?(私は国内で購入したことはありませんが...)

 Light Strike (LK)の新軸のようです。見た目から紅軸を連想しちゃいそうだけど打鍵感は青軸っぽい感じで打鍵音も青軸のそれによく似てます。なのでかなりうるさいですよ。

 内箱や緩衝材の作りはかなりチープ...添付品としてマニュアル、保証書などが入ってます。

マニュアルは中文版。ソフトウェアはKeyDominator 2 [Keyboard]という共用ソフトウェアが存在します。これは4か国語で対応してますが日本語表記はありません。

 これもお馴染みのBloodyカラーのUSBプラグ。ケーブルはメッシュタイプですが少し頼りなげな素材のようでフニャフニャしてます。

 全体像はこんな感じ。脱着可能なパームレストが付属してますがこれは取り付けた方が打鍵感がかなり良くなります。脱着方法がネジ止めって言うのがちょっとアレだけど赤い部分のプラ素材には滑り止め効果ののある加工が施されてます。

筺体は天板部とパームレストが金属製です。それほど厚みは無いので見た感じは華奢に目るけど剛性は問題ないと思います。底面部はプラ素材ですね。もう少し厚みがあると高級感が出ると思うんだけど...

 筺体とパームレストのエッジ部。筺体側は内側に丸め込んであるタイプになってます。パームレストはプラ素材ですが梨地と無加工の組み合わせで滑り止め効果を出してます。

 余計なショートカット機能の記載がないすっきりした見た目のキーになってます。Capsの形状がレトロタイプ?なのが面白い。

フォントは標準的で特に面白さはありません。

 インジケータの位置がちょっと変わってます。

ロゴは金属プレート?削り出し?中々カッコいいです。

インジケーターはこんな感じ。「ゲーミングモード」とかもあります。インジケーター横にヘキサなネジがあるけどここ1箇所だけで他の場所のはプラスタイプのネジで黒く塗装されてます。なんかちぐはぐ感があるかなぁ?

天板にエリア毎の区切り?で極細の金属っぽいラインが入ってます。

この辺の作りが少し安っぽいかなぁ?

厚みのあるパームレスト。使い心地はイイのですがネジ止め箇所が2つで多少遊びのある固定方式なので多少ガタツキがあります。

キーキャップはダブルショットでBloody独特の角を落としたタイプ。

横から見ると独特な軸の造形が解りますね。

ケーブルは固定式で造形は既存品と同じ。できればこの辺の造形をもっと剛性感のある素材にして欲しいかなぁ?

底面はこんな感じ。

パームレストの固定用ネジです。見て分かると思いますが遊びのある作りです。個人的にはガタツキがないようにもっとしっかり固定できるタイプにして欲しいです。

製品シール。シリアルが3桁なので初期ロットかもしれません。

個人的に好きな横向きタイプのチルトスタンド。先端の滑り止めゴムがBloodyカラーになってるところにこだわりを感じます。造形も耐久力も良さげです。

畳んだ所。

LEDは変更できます。RGBと謳ってるけど何万色もあるタイプではないですね。ソフトウェアを導入すると発光パーターンなどの変更が容易になります。

単色系。

エリア毎のカラータイプ。

ランダムに発光するタイプですがDuckyなどの製品に比べるとしょぼいかな?

なんかレトロ感のある構造のLight Strike (LK)軸。

 どの辺が光なのか説明するのは難しいので興味のある人は公式サイトを覗いてみて下さい。

打鍵音はかなりうるさいので青軸が嫌いな人にはお勧めできません。

Bloody製キーボード専用のソフトウェアKeyDominator2です。今のところ対応言語は英語、ロシア語、中文となってます。今後のアップデートで日本語など追加されるかもしれませんね。

インストールしただけで殆どいじってませんので詳しい解説はできません。というかかなり細かくいじれるので覚えるのは大変そう。

これは同社のマウスでもあった有料版の機能ですね。

 詳しく説明できません、画像で判断してくださいね。

 これは機能割り当てとかの設定項目かな?

 こんな感じでマウス機能とかある程度デフォルトで機能のサンプルがあらかじめ用意されてます。ちなみにソフトウェアを常駐させると現在の設定や「Numキーの有効・無効」「Capsの有効・無効」などの表示をする小さいウインドウが画面上に現れます。これは壱の変更も可能なので邪魔にならないところに配置すれば便利かもしれません。

 まぁ機能割り付け派には便利なソフトウェアと言えそうです。

 この辺はよくわからない...

 日本語表記に期待...

 うーん翻訳しないとなんの機能なんだかわからん...

 M1と書いてる小窓が情報表示?の小窓です。任意の位置に移動可能でおそらく表示させないという設定もあると思います。この手の機能は邪魔!って人も多いかもね。

 別のソフトウェアですがKeyResponsePKという反応速度を数値化?するソフトウェアも存在します今のところ使いかたは解りません。

解説文は有るのですがこれも翻訳しないとわからないなぁ...私の英語力では今のところ操作方法を理解できません。



Ozone 3K

最近デバイスの整理をしてますが前ブログで記事化していなかったものがそこそこ出てきたので記事にしてみました。スペインのメーカーOzoneRadon 3Kです、上位版の5Kは表面のラバーコーティングが加水分解を起こしてしまいましたが何故か下位版の3Kではその兆候が見られません。もしかしたらガラスコーティング処理で化学変化が起こりにくい状態で保存されてたのでしょう?
上位版との違いはセンサーですがどちらもあまり評判のよろしくないフィリップスセンサーです。

  • Ozone Radon 3K: Philips PLN 2030
  • Ozone Radon 5K: Philips PLN 2032
こんな感じだったかな?

このメーカーはなんとなく製品に統一感がないような?パッケージも年代ごとにかなり変化します、ちなみにこの3K5Kも公式サイトのラインアップからは消えてます。

 アクリル製のパッケージです。このメーカーの最近の製品は厚紙タイプのお洒落なパッケージになってますね。

  • Professional gaming laser sensor Philips PLN 2030
  • 8 buttons (7 programmable)
  • Adjustable resolution from 100 to 3200 dpi
  • Accurate and predictable motion reporting up to 2.25m/s
  • Macro and Script functions
  • USB full speed
  • USB report rate with 4 selectable levels (1000 Hz Max.)
  • Hardware data saving technology
  • Included Software for personal configuration (Windows only)
  • Adjustable weight (includes 5x 4.5g weights).
  • Dimensions: 122.43 x 70.64 x 43.7 mm (length x width x height)
  • Weight: 135 +/5 g (with cable and weights)
  • Cable length: 1.5 m
  • Power consumption: <100 mA
諸元はこんな感じ。

左が上位版の5Kで右が今回紹介する3Kです。パッケージは共通でソフトウェアも同じようです。ソフトウェアは常駐タイプでは無く起動させて設定変更したらオンボードメモリーに記憶させるタイプだったかな?外見は同じでロゴカラーとホイールのカラーが異なるだけかな?

 パッケージから取り出すのがめんどくさいタイプの収納。

 簡易なマニュアルとソフトウェアCDです。言語は英語のみですね。大陸製造と記載がありますが何故か販売元が台湾表記。

ケーブルはやや細身のメッシュタイプですがかなり硬め。取り回しは良くないです。このマウスの特徴でもある底面のケーブル排出機能がもったいない...USBプラグは金メッキ仕様となってます。

 マウスデザインはオリジナルかな?丸っこい形状でホールド感は悪くないけど好みは分かれそう。小ぶりに見えるけど意外に大きい。

青いLEDはプロファイル表示で左側の赤いLEDがDPI値に対応してます。DPI値の増減で
LEDの発光も連動して増減するタイプ。この手の機能は現在の設定値の把握が容易でいいですね 。

先端は直角になってます。この画像だとケーブル接続部が怪しく見えますが底面画像でその辺の意味が解ります。トップ面は濃厚なラバーコーティング処理となってます。2010年頃の製品なので7年落ちですが劣化は無いようです。

 サイド面にはラバー製?の滑り止めシートみたいのが埋め込まれてます。サイドボタンは2つで標準的。ソフトウェアで割り付け変更は可能です。

右側に向けて緩い傾斜があります、右利き専用ですね。小指がサイド面に添うように溝があります。

 剛性や工作精度は良好ですがマウスとしての評価はあまりよろしくないようですね。海外のレビューでもあまり褒めてる記事は有りませんでした。底面の錘やケーブル排出機能などからドイツメーカー的な要素が感じられます。ラテンメーカーらしからぬマウスかなぁ?

 最近のOzone製品はシンメトリー系の形状が多いのでこの手のマウスは同社製としてはレアになるのか?ラインアップから消えてるということは黒歴史なのか?

 サイド面のラバー素材。凸ではなく凹タイプの表面処理となってるので滑り止め効果は弱めかな。

 トップ面です。

 光る要素ですが実用的な発光なのでまぁ役には立つ。

 底面です。このように多方向からケーブルを排出することができます。便利そうな機能ですがこの辺の評価はどうなんでしょう?ただケーブルを取り出してはめ込むのはちょっと力が要ります。何度も変更すると基版との接続部に負担がかかりそうです。

折角なので位置を変えてみます。

 こんな感じになります。これを見ると今は亡きフランスのNova Gaming製のマウスを思い出します。余談ですがついにNova Gamingのサイトが消滅してしまいました...

錘の脱着です。この手の機能は国内ではあまり人気が無いですね、国内では軽いマウスの方が好まれてるような気がしますが個人的には少し重い方が好きです。なのでこういう機能は大好きです。

しっかりした工作の錘パーツです。

サイズと形状の比較ですTyonと並べてみました。意外に大きいのが解りますね。

ラテン系とゲルマン系ww

 ソフトウェアは簡易な感じですが、お世辞にも操作性は良いとは言えない...これもなんとなくドイツ系?

まぁいじるとしたらここかなぁ?

ポーリングレートは最大で1000Hzとなってます。




Lincats NKEY-R3 RGB Mechanical Gaming Keyboard

Lincats は深圳系のメーカーで韓国の Skydigital 製品なんかを中文圏で販売してるメーカー?のような気がします。パッケージとかは独自版ですが Skydigital のゲーミングマウスなんかも発売してます。(公式サイトはあるけど更新されてないしドライバー類もダウン...