Taidu TSG550 Warden Mice

久々の更新です。前回記事と同じく上海にあるメーカーTaiduTSG550 Wardenです。

  • Product number: TSG550
  • MCU: PT32C302 (up to 2000Hz adjustable rate)
  • Optical engine: Original phase PMW3310
  • Product color: Black
重量とかサイズの記載がなかったけどどっかのサイトに出てるはずww
UVコーテイング仕上げのトップ面、マグネット式の脱着可能なテフロンソールとかも特徴だけど、なんと言ってもマイクロスイッチを簡単に交換できるってところが売りかなぁ?

以前は入手が難しかったこのメーカーですが、今はGearbestとかで入手可能なようです。
(自分は苦労して入手したww)

TSGシリーズ共通デザインなパッケージだけどサイズは多少異なる。このシリーズあたりからグローバルな展開を狙ってたのかな?発売時期は確か2017年頃だった。それ以前の高級仕様マウスの入手は難しそう...

裏面はこんな感じ。ちなみに初期のころの製品は豪華な化粧箱仕上げ...そのうち記事化します。

添付品のマニュアル。どっかにいっちゃったけど交換用のマイクロスイッチが付属してたような?

中文ですがマイクロスイッチ交換の手順がイラスト表記されてます。

工作精度とパーツの剛性は良いので交換時にパーツの爪とかが壊れちゃうことは無さそうですが、このマニュアル通りにしないとダメージは有るかも。

TSG309と同じ変形タイプのプラグ。金メッキ処理は無しです。ケーブルも同じくビニールタイプです。

PMW3310搭載のミドルレンジマウスですかね。重量の記載はないけど100gちょいくらいかな?ホールド感も良い。

真上から見るとどことなくSteelseriesのマウスに似てるような気もする。

中々特徴のあるデザインです。このメーカーはオリジナルデザインですね...まぁいろんなメーカーの影響は有りそうだけど。

ケーブル接続部はよくできてます。有名メーカーのものより剛性、耐久性は上かもしれない。

左サイド。ボタンはタクトスイッチかマイクロスイッチかどちらかわからない微妙な押下感、押下音は控えめでやや強めの押下感触があります。

右サイド。トップ面とサイド面はプラ素材そのままですが表面処理が異なるようです。サイド面は梨地処理ですが滑り止め効果は期待できない。

大陸メーカーにありがちなデザイン重視ではなく実用重視なデザインになってます。ただゲームで使うなら何かしらの滑り止め加工は必要かなぁ?このメーカーオプションパーツが色々あってその手の滑り止めパーツとかもあったかもしれない...

オプションパーツなんかも沢山購入してるはずなんだけど、今のところ行方不明です。

ソフトウェアも有りますが前回記事のTSG309と同じソフトウェアなので今回は省略します。LEDのカラーとか発光パターンは変更できるはずです。

操作性の良いサイドボタン。

私は気が付きませんでしたが某フォロワーさんによるとホイールの加工が某有名メーカーを意識してるデザインだそうです。ROGとかだったかな?

遠目だと解りにくいけど表面加工とか細かいとこに拘ってる。

目玉機能のマイクロスイッチ交換のため分解していきます。この画像で解ると思うけど見えないところも綺麗で正確な造形になってます。

パーツ裏面も手抜き無しですね。

マグネットで固定してるようです。爪もありますが無理な力を入れずに外せますが頻繁にこの作業をするのはちょっと怖いかな?

こんな感じで分解できます。

白い部分が左右に開く構造でマイクロスイッチを外すのは比較的楽だけどはめ込むのはちょっと難しい。

こんな感じで外れます。

マイクロスイッチをはめ込むときに3つのピンを正確かつ同時にはめ込まないとピンが曲がっちゃう可能性がありますね。

指先ではめ込むのは難しいのでピンセットなどでピン穴にしっかりはめ込んでから押し込むのが良さそうです。

最初から装備されてるのはD2FC-F-7N(20M)です。添付されてたのは同じものだったかな?ピンの形状が波打ってるものは装着しない方が良さそうです。オムロン系が推奨でしょうね。

ピン先とか厚みも注意が必要かもしれません。使えないことはないけどピン穴が広がったりする恐れがありますからね(体験済みww)

底面です。

ソール交換用の溝ではなくソール脱着用の溝です。ソールは中々良質な素材のテフロン製。

こちらもマグネットでの固定になってます。マウス本体の分解もヘキサなネジで高級感がありますね。

ソールの裏は金属パーツになってます。

テフロンソール側のアップ。

中々高機能なマウスです。これでケーブルをパラコードに変えたら意外といいマウスになるかもね。









Taidu TSG309 Destroyer Mice

Taiduは上海にあるメーカーで2017年頃からゲーミングデバイスを発売してるメーカーです。このメーカーは完全にオリジナル製品でキーボード、ヘッドセット、マウス、マウスパッドなど一通り発売してまして、よくある大陸メーカーとは一味違う洗練されたメーカーかな?と思ってます。発売当時に出た製品はすべて購入してましたがブログでは今回が初めての紹介記事となります。このメーカーはソフトウェアも一味違って初期のころはiPhone向けのソフトウェアなどもありBluetooth接続でカスタマイズとかが可能でしたが大陸キャリアーの電話番号がないと機能が制限されるなんてことがあって、あまり使うことはなかったのですが...最近はあちらでよく採用されてるデバイス管理系?ソフトウェアに変わったようです。こちらはユーザー登録しなくてもカスタマイズ可能ですが、登録すると他のユーザーが作成したマクロやソフトウェアのUI変更とかクリック回数の記録?とかできるようです。

今回紹介するのはバリュー向け?Pixart PMW-3325搭載のTSG309 Destroyerです。諸元は公式サイトなんかを参考にしてね。以前は中文サイトのみでしたが最近はグローバル向けの英語圏向けの公式サイトもあるようです。ちなみに重量は80g台と軽量な作りです。

コンパクトタイプのパッケージ...初期のころ発売された高級機は豪華なパッケージ仕様でしたが最近はこんな感じの簡易パッケージになってるようです。そのうち初期に発売されたマウスなんかも記事化する予定です。

忘れてたけど初期のころのマウスではMionixのマウスみたいに親指に生体センサー?みたいのが装備されてましたww
記憶が正しければMionixのそれより先に発売されてた! (先進的なメーカーだったのか?)

裏面はこんな感じ。

添付品はこれだけ...マニュアル兼保証書になってます。初期のころ発売されてたマウスでは交換用のソールとかも別売されてそれらも購入した記憶がある...

保証書は中文表記のみ。

ちょっと変わって形状のプラグ部。メーカーロゴ入りです。プラグは金メッキが施されてません。

ケーブルはややチープ感のあるビニールタイプ。巻き癖は控えめかなぁ?

確証はないけどオリジナルデザインのマウスだと思います。このDestroyer...スイッチ部が鏡面仕上げで背の部分はマットな仕上がりとおもしろい。サイド面はトップより粗目の梨地仕上げになってます。

シンメトリーっぽく見えるけど右利き専用ですね、左から右にかけて緩く傾斜してます。DPI値がLEDで表示されるのも便利。まぁソフトウェアでDPI値を変更すると役に立たないけど...[X]の値はなんだかわからない。

大陸メーカーとしては珍しくデザインではなく実用性重視なデザインなのでホールド性は良好。

ケーブル接続部は標準的な作り。

左サイドです。サイドボタンは2つでおそらくタクトスイッチ。

右サイド。緩く傾斜してます。工作精度と剛性はかなり良さげ。

中々いいデザインです。一応サイド面に梨地処理が施されてるけど滑り止め効果は低いです。指先に脂が乗ってると滑ってしまうかなぁ。

このメーカーのマウスを全部並べると解るんだけど...微妙に異なるデザインなんだけどなんとなく統一感のある形状をしてます。

サイドボタンは指先で判別できる独特な形状。 キンキンとした押下音ですが不快な音ではない。

メーカーロゴ。ソフトウェアでカラーを変更できるようですがデフォルトではオレンジ固定。

ホイール動作はかなり私好みで適度なノッチ感。けっこういいパーツを使ってのかも?

DPI値インジケーターとでも呼べばいいのかな?

上のDPI切り替えボタンを押すとこんな風にLED表示が切り替わります。

縦長のソールは珍しいかな?

最新のソフトウェアを導入してみました。「TD Elves」とあります。以前はiPhone用のソフトウェアもありましたが今は公式サイトから消えてます...

前述したけど以前は大陸圏内で有効な携帯番号しか登録できませんでしたが...この画面を見るとグローバル向けになってような気もします。(登録する気はないですww)

登録しなくくても基本設定はできるので問題ないかなぁ...

DPI値は最大5000ですね。あとこのソフトウェアをインスコするとクリック数?とかなんか良く解らないけどちっこいウインドウがデスクトップ上に表示されます。この画面のDPI値1200の右上に表示されてますが、これはドラック・ドロップで移動させることができます。マウスを操作すると値が変動しますが何を表してるのか良く解らない...ちなみに透明度とか表示・非表示とかもできます。たぶんユーザー登録しないと完全に機能しないような感じ。

LEDの設定項目。

マウスのボタン割り付けとか。

これらはあちらのユーザーさんが作ったマクロとかの設定をインポート?するような設定画面ですが...登録しないと使えないみたい。

 これらの特殊な画面を開くと登録を促されます。

これは壁紙?変更です。これもいくつか用意されてますがユーザー登録でポータルサイトみたいなところからユーザー作成の作品をインポートできるようです。

これがデスクトップ上に現れるなんかの数値窓の設定項目かな?





Taidu TSG550 Warden Mice

久々の更新です。前回記事と同じく上海にあるメーカー Taidu の TSG550 Warden です。 Product number: TSG550 MCU: PT32C302 (up to 2000Hz adjustable rate) Optical engin...