Akko LW325 Light Weight Gaming Mouse

大陸の中堅?メーカーAkkoの穴ぽこマウスLW325を入手しました。カラーバリエーションは確か3つほど...今回はピンクカラーを選んでみました。海外有名メーカー製のように高級?センサーを搭載してるわけではないけど、まぁ品質も性能もそこそこって感じかな。

  • Size: 123×68×39mm
  • Weight: 78g
  • Sensor: PMW3325
  • Switch: OMRON(D2FC-F-K(50M)
  • DPI: 200/800/1000/1500/2000/2500DPI Max1000
  • Poring Rate: 1000Hz


前回紹介したbilibiliマウスと共通仕様な感じのパッケージ。おまけで特大マウスパッドが付属してました。

内箱はこんな感じ。ロゴがAkkoカラー?の紫色でキラキラ輝いています。

添付品はペラペラのマニュアルのみ。

公式サイトとか天猫のQRコード付きのマニュアル。大陸系メーカーの公式サイトってよく変更されたり行方不明になるんだよね。ソフトウェアなんかもなくなるのが早いことが多いので買ったら即入手。

USBプラグは変形タイプ。ケーブルはビニールタイプでやや硬め、ほぐせばまぁ使えるけど最近流行りのパラコードタイプを知っちゃってると使いにくく感じるかな。

穴ぽこマウスのトレンドはあまり詳しくないのでわからんけど...金型的には既視感もある。まぁ有名どころの設計とかパクってるのかもしれんけど。最近はどっちがオリジナルなのかもわからん。

でもこのメーカーは中華圏大手のメーカーとコラボ製品とかも 販売してるので、案外とオリジナルなのかもしれない。

ケーブル接続部の上あたりの造形がちょっとかっこいいかも。表面はややマットな手触りの吹き付け塗装かな?(センター部はクリア)

左サイド。やや大き目なサイドボタンです。今回珍しく分解してみたのであとのほうで搭載スイッチなど判明しますよ。

やや背の低いシルエット。LEDの発光部の曲線が美しい仕上がりです。デフォルトでは発光パターンが目まぐるしく動くので目が疲れる。ソフトウェア導入でこの辺はカスタマイズできます。

肉抜きの加工は丁寧です。バリや塗装漏れも見当たらない。重量は公称値で78gとあるけどもう少し重いような気もする。おそらくケーブルの重さがそう感じさせるのかもしれない。

搭載センサーから言うとバリュータイプなんだろうけどチープな感じではないかなぁ?

サイドボタンのアップ。そこそこ大きいけど柔らかめな押下感です。

この手のマウスは剛性感が心配だけど...強く握ったりしてみましたが軋み音やたわみは有りませんでした。

ホイールのノッチはほとんど感じない程度。DPIボタンはタクトスイッチで押下音がコチコチ耳障りな感じ。この辺はあとで分解画像を載せます。

スカルキャンディーのパロディのようなロゴマーク。骨猫...

かなり細身なケーブル接続部。心もち上向きになってるけど...個体差かな?意図的に上向き設計されたわけじゃ無いと思う。

底面です。左右のソールの下にネジ穴があり分解は容易でした。S/Nは見当たらない。丸いシールは製造年月日だけど文字が小さくて見えないww

ソフトウェア導入でLEDカラーを変更できます。発光パターンが10種類くらいあったけど似たようなパターンばかり。

一応RGB仕様らしい。

ここから分解画像。サイドボタンが大きいのがわかりますね。上蓋もまぁ丁寧な作りかな。

DPIボタンからタクトスイッチを叩くパーツの構造。

左右メインボタンのみオムロンスイッチです。

センサーに刻印が見当たりません。

基板に各種センサーの記載がある。

サイドボタンは大陸系マウスでよく見かける「YSA」

メインボタンは「Omron D2FC-F-K 50M」

ホイールエンコーダーは刻印がちょっと見えない...

ソフトウェアは簡易な感じ。

マクロエディター付きです。





0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

SteelSeries Rival105

いつ購入したか覚えていないのですが...地域限定版 SteelSiries の Rival105 です。ブリキ缶みたいなパッケージ入ってます。搭載センサーはS3059-SSとなってますが、まぁバリュー向けと言ったところかな?形状的にはSSらしい洗練されたデザインで重量も軽...