Spigen Regnum A100 Mouse Pad

12月になったら更新頻度を上げると言いながらサボってます。今は工具とかガジェット系に夢中なので暫く物欲がそっちに向きそうですが...来年は自作PCなど久々に考えております。記事化できるデバイスはまだ50以上あるのでぼちぼち更新していきます。

今回はマウスパッドですがあまり聞かないメーカーでSpigenです。韓国系アメリカメーカー?なのかなぁ。公式サイトを見たらスマホ系のガジェット類に力を入れてるメーカーのようです。特にゲーミング向けを謳ってるわけではないけど安価でそこそこ上質そうな Regnum A100 Mouse Padというマウスパッドを購入してみました(購入日はかなり前だけど...)


  •  Dimensions: 320☓270☓2.54mm
ミドルサイズだけど厚みがインチ系のサイズみたいですね。

水洗いできるのかな?生地面はスピード向けっぽいコーティングのようです。

台湾のショップで購入しましたのでそれらしいシールが貼り付けてあります。でも結局は大陸メイドですね。

記載文は英語のみ。

軟質なビニールのようなパッケージに分厚いホッチキスで止めてあったので最近購入したラジオペンチで開封しました。

道がそれるけど国内のメーカーTONEのラジオペンチ。そのうち工具とかガジェットの紹介ブログに変わってしまいそう...

ゲームには良さそうな無地でミドルサイズのパウスパッドです。ステッチ付きでロゴは印刷タイプでサイズは控えめ。

丸めたパッケージングではないので当然浮きや反りはなし。即使用できます。

Spigenのロゴ。

ステッチの作りは丁寧で上質な感じ。マウスのソールがぶつからないようになってます。

軽い接触感はあるけどね。

まぁ適度な広さかな?

きめ細かい生地面。マウスが軽やかに移動します。タイプ的にはスピード向けかなぁ...

裏面はよくある天然ラバー素材。滑り止め効果も問題なしでした。開封直後は若干ゴム臭がありますが数日で抜けそう。









0 件のコメント:

コメントを投稿

Spigen Regnum A100 Mouse Pad

12月になったら更新頻度を上げると言いながらサボってます。今は工具とかガジェット系に夢中なので暫く物欲がそっちに向きそうですが...来年は自作PCなど久々に考えております。記事化できるデバイスはまだ50以上あるのでぼちぼち更新していきます。 今回はマウスパッドですがあまり...