Hewlett-Packard Gaming Mouse Pad MP3524

世界的に大手なHewlett-Packard製のゲーム向けを謳ったマウスパッドです。Omenシリーズとは別でアジア圏のHP製品かもしれません。サイズも幾つか有るようだけど、今回はお手頃価格のミニサイズ版を購入してみました(と言ってもそこそこ大きい)

  • Width: 350mm
  • High: 240mm
  • Thickness: 3mm
ミニサイズにしては横幅が有るのと、3D fabricなる生地面が特長かな?

イメージカラーのターコイズっぽい色合いのパッケージ。

英語と中文2種類の解説文。

ちゃんとプラ製の袋に入ってます。

メーカーロゴのタグが付いてるだけで生地面は黒一色です。意外と実用向けな製品となってますね。

よくあるSサイズとMサイズの中間くらいな感じですね。厚みは3mmですが生地面がふわふわしてるのでクッション性がある。

ステッチは多少雑な裁縫処理で土手になってるので、ソールが干渉しそう。

こんな感じで均等な裁縫?処理じゃないです。まぁマウス操作に問題は無いんだけどね。

鮮やかなタグ。端っこだけ縫い付けてあるのでこのタグをつまんで動かせますね。

現在愛用中のBloody製Sサイズのマウスパッドとの比較。これも長期間使用してるので生地面がだいぶテカってきた...右下あたりは手首が乗っかったりするので生地面のコーティング?が削れてきた感じです。でもソールの滑走感にあまり変化は感じられない。

MP3524の生地面です。この手のタイプは以前見かけたことが有るけどメーカー名は忘れた... クッション性と留め動作が容易なタイプのマウスパッドかな?でもこの生地なので耐久性とかは低いかも...生地面の繊維がほぐれてきそうな感じです。

アップ画像。

右はコントロール向けな生地面のマウスパッドです。生地面の構造がかなり異なりますね。


0 件のコメント:

コメントを投稿

RiZUM G-Factor V2 Pad

RiZUM は韓国のメーカーで同国の大手? Xenics とか Maxtill なんかのライバル的なメーカーかな?パッケージデザインとかが3社の中で一番私好みです。マウスの方は数点購入済みなのでそのうち記事にするつもりですが、今回はマウスパッド V2 の紹介です。サイズは...