ZOMO Aluminum & Silicone Kitty Paw Artisan Keycap

マスドロップでも入手可能になってるZOMOの肉球キーキャップを購入してみました!他のキーキャップとの混ぜ合わせ記事ですが、簡単な紹介など...ついでにキーボードに装着してみました。

この手のメーカーではHolyOOPSが有名ですが、どれも高価です。キーキャップ1個で安いキーキャップセットが買えちゃうくらいですね。

アクリルのケースに鎮座してます。カラーバリエーションもいくつか有るようですが、今回は白版を購入しました。白い部分はアルミで肉球の部分はシリコン素材かなんかですね。頃年使用で汚れちゃうかもしれないけど猫の肉球みたいな感触がありますww

 変形タイプですがチェリー互換軸のキーボードなら問題なく装着できそうです。

 横から。猫の肉球を触った記憶はかなり昔ですがなんとなく似てると思う...

シリコン素材らしき肉球部分を固定するプラ製の台座みたいのが入ってます。今回エンターキーとして使う予定なのですが、耐久性は未知数...

一緒に購入したキーキャップです。これは「CMYK配色」と呼ばれてるものですね。一応昇華印字とのこと。


これはチェリーロゴを模したキーキャップですが、中文名では「樹脂キーキャップ」とでも訳すのかな?チェリー部分が少し柔らかめの感触でキーキャップ本体も樹脂製なのかもしれませんがよく解りません。


裏を見るとよくあるPBTとかABS製のキーキャップとは明らかに違いますね。


おまけでもらった引抜工具も初めて見るデザイン。


こちらは75%とか特殊な配列のキーボード向けのキーキャップかな?価格が控え目だったのでおそらくレーザー印字でしょう。DSAタイプのキーキャップだと思います。


まぁ作りは悪くない。このサイズのBackSpaceとかShiftのキーキャップが欲しかったんだけど、見つかりません...

Demon Wingsキーボードに装着します。このキーボードはWinキーとかCtrlに数字キーキャップをはめ込んでるので操作性が悪いのでなんとかしたいと思ってまして、今回わかりやすくするためにこれらのキーキャップを購入しました。でも統一感が無いですね...

エンターキーに肉球キーキャップを割り当ててます。


キーボード自作界の人達は無地のキーキャップを使ってるのをTwitterのTLで見かけますが、私はそのキーの機能が印字されていないとまともに打鍵できませんので...なんとかこのキーボードに合う、統一感のあるキーキャップセットを見つけたいと思ってます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Galax Xanova Mensa Pro Gaming Mouse

グラフィックボードで有名な GALAXY がグローバルブランド「 GALAX 」になったようで、その辺のことは詳しくないんだけど...ゲーミングデバイスブランドの Xanova 名義としての第一弾? Mensa Pro を購入してみました。下位版の Mensa と言うのもある...