Riitek M01 Professional Grade Wired Gaming Mouse

深圳系ガジェットメーカーらしいRiitekのハイエンドマウスM01です。以前から気になっていたPMW3360センサー搭載マウスでしたがタイムセールのメールが届いたのでお手頃価格で入手できました。このメーカー海外アマゾンでもよく見かけますのでそこそこ人気のあるメーカーなのかな?キーボード系が多いけどゲーミングマウスはこれが初めてなのかは不明。

 ハイエンド機だけあってパッケージも良い出来栄え。

 見た感じ大陸系と思えないデザインですね。諸元は...

  • PMW3360 sensor, 5 grade DPI (max.12000DPI)
  • 16.8 million DIY backlight colors
  • Aircraft grade aluminium alloy base
  • OMRON micro switch, 20 million clicks
  • Removable USB cable, more convenience
  • Macro programming buttons, best for DIY
  • Connect port: USB2.0 or above
  • Product weight: 120g
  • Product size: 117 x 78 x 39mm

中蓋が簡易マニュアルになってます。

コンパクトだけどしっかり保護装備の付いたパッケージ内部。

マニュアルは英語のみです。

同社製のマウスパッドも購入してみました。これも低価格です。

このマウスの特徴と言える脱着可能なUSBケーブルです。無線でもないのにこの手のパーツは珍しいかな?

Mini USBタイプで独特な形状をしてるのでこのM01専用ケーブルですね。ケーブルはメッシュタイプで柔らかく取りまわしは良好。

トップ面後ろとサイド面は同じ表面処理で、トップ面前側は少し異なる表面仕上げ。ラバーコーティングではないと思うけど指紋や指先の脂が付着して目立つのが気になるかな?

デザインは良い。ホールド感はと言うと...これはちょっと癖があるかも?Corsair系の似たような金属パーツを使用したそれに似た感じで好みが分かれそう。小ぶりなマウスなので手首のスナップで操作することになります。なので手首の負担が少し増えるかも。

剛性感は十分、実際金属製の底面なので多少重いかも?それでも諸元上は120gとなってます。工作精度も申し分なしですね。特にケーブル脱着部の造形が見事!

ケーブル接続部。工作精度とパーツ形状がしっかりしてるのでガタつきなども無く断線も無いでしょう。赤く塗装されてる部分が金属製パーツになります。紹介文によると航空機グレードの金属だそうです。(Corsairの紹介文にもそんなことが書いてあったような?)

左サイドにはスナイパー・ボタンが装備されてます。でもこのボタンは誤爆が多いです位置的にマウス操作時にどうしても押してしまします...まぁソフトウェア上でカスタマイズできるので無効化にしてもいいかも。一応硬めのボタンになってるけどマウスを横移動させるときにいよく押してしまいます。

 右サイドですがこの形状なので小指は乗っかりません。軽く沿わす程度かな。

左右メインボタンはオムロン製とのこと。サイドボタンとかホイールクリック、DPI切り替えボタンはタクトスイッチ的な押下感。どれも硬めな印象です。


曲線構成のデザインは伊達ではなくしっかりホールドできますが表面仕上げは滑り止め効果が低めとなってます。特にサイド面は滑りやすい。

位置的な好みは人それぞれでしょうが個人的にはもっと端に寄せて欲しかったスナイパー・ボタン。なんか刻印が某メーカーのそれに似てる。

ホイールは重厚感のある作りですがスクロール操作時の音が少し軽めで多少音も出ます。DPI切り替えボタンのLEDは高級感があるかな?

ボタンを押しながらホイールの上下動作でソフトウェアなしでLEDカラーを変更できるようです。(操作方法が間違ってるのかわかんないけど変更できませんでしたww)

メーカー名からしてライオンをイメージしてるんだと思うんだけど...かなり無理のあるメーカーロゴ。

お尻の部分がLEDで発光する造形になってます。金属筐体とお尻の造形でCorsair系の影響があると思われます。

メッキ風な処理の金属底面。この辺の仕上げは手抜き無しですね。ソールはかなり小さめで予備ソールが付属してないのが残念。

こちらはマウスパッドです。500円以下ですが価格に見合った出来栄え...ステッチの仕上げは雑です。なによりもステッチの高さが生地面より高いのでソールが干渉します。

 同じロゴマーク。

 ステッチですが、こんな感じで雑な作りです。

このように土手っぽい仕上がりになってます。ただ生地面の滑走性は良いですね、スピード向けって感じでよく滑ります。

 大陸メーカーってほんとに猛獣類が好きだねぇ。

底面は天然ラバー製。まぁ数百円程度なので気になる人は買ってみても良いんじゃないかな?

 ソフトウェアは公式サイトから落とせます。

 出処は深圳系。

 同一メーカー製の各種デバイスを管理できるようなタイプのソフトウェアです。登録しなくて問題なく動作しますよ。この手の登録制ソフトウェアは最近の大陸デバイスに多いですね。

 Riitekの専用アカウントみたいな感じでも使えるみたい。登録すると掲示板とか各種設定とかユーザー間で共有できるとかいうやつかな?

メイン画面?

これも最近の大陸系ソフトウェアに多いタイプ。おおぶりなUIだけど操作とか設定項目はシンプル。

設定項目の選択肢が予め多数用意されてるので使いやすいですね。

マクロエディターです。

機会があればアカウントを作ってみます。


0 件のコメント:

コメントを投稿

RiZUM G-Factor V2 Pad

RiZUM は韓国のメーカーで同国の大手? Xenics とか Maxtill なんかのライバル的なメーカーかな?パッケージデザインとかが3社の中で一番私好みです。マウスの方は数点購入済みなのでそのうち記事にするつもりですが、今回はマウスパッド V2 の紹介です。サイズは...