Qtuo PC109A Gaming Mouse

ロゴマークが気になってたマウスです。メーカー名はQtuoとなってますがこれはおそらく深セン系の販売メーカー?製造元とかOEM元は解りませんでしたが某C社のマウスに似たような「トリガー」タイプのボタンが特徴的です。国内尼ではなく各国のアマゾンでもよく見かけますが低価格でそこそこ品質が良さそうです。ガワの剛性感はかなりのものですがその分重量はあるようです。センサーとかマイクロスイッチは不明ですが最大DPIが7250となってますPMW系のセンサーを搭載してるようですね。製品としては海外でも概ね好評でした。

  • Mode: Wired USB
  • Product Size: 129.75×72.2×43mm±0.15mm (L×W×H)
  • Product Weight: 172.3±5g
  • Resolution: 1000-1500(default)-2500-3000-5500-7250DPI
  • Button Quantity: 6
  • Key Stroke: 0.7mm
  • Keystroke Dynamics: 70+/-10g
  • Rated Voltage/Current: DC 5V/ 150mA
分解してみようかとも思いましたが金属製ソールなので断念...

最近流行りのコンパクト過ぎるパッケージですが一応無地ではなくマウスのイラストなどが印刷されてます。メーカー名などは無し。ロゴは私の好きな某大陸新進メーカーにそっくり。

国内向けの在庫管理番号でしょうか?

因みに大陸系ショップ?VicTsingからも同型のマウスが発売されてます。

パッケージが潰れないようにちょっと補強材が入ってるのは良いね。

ソフトウェアのCDと多言語のマニュアル。Qtuoの公式サイトは無いようで、FacebookとTwitterのみです。ソフトウェアはよく見るアレかと持ったけど違ってた。

日本語の解説文もありますがちょっと怪しい感じ。でも十分理解できるレベル。

ケーブルはビニールタイプでやや硬め。USBプラグは金メッキ処理されてます。

初見でCougarRevengerが頭に浮かびましたがガワは異なります。トリガータイプのボタンは機能的にはそっくり。

 まぁ重いんだけど(170g台)剛性と工作精度はかなりのもの。A3050搭載のマウスなんかより安いのが不思議。

 こんな感じでCougarの影響がちらほら...

 サイド面にはラバー素材が埋め込まれてるようです。ただし見た目に反して滑り止め効果は低め。LEDはかなり丁寧に設計されてるのか綺麗に漏れなく発光してます。この辺はソフトウェア上でカスタマイズ可能です。

 右サイド。

 トップ面は塗装処理かな?ザラつきは無しです。ホイールの出来が良いですね。

 LEDのグラデーションが綺麗。

 ノッチ感は控え目だけど静かで少し硬めなホイール操作感。

トリガータイプのボタンです。押すのではなく手前に引く感じで操作できます。左右ボタンやサイドボタンなどオムロン系かTTC系な感触かな?やはり分解して確認したい。

 全面下部にはヘキサな模様の造形がありますが穴は空いてません。

素材は解りませんが金属製のソールになってます。製品シールの上と下にねじ穴がありますが、おそらくソールの下にも有るんじゃないかな?折れないように剥がすのは苦労しそうな気がする...

 中文と英語の選択ができるソフトウェア。

 DPIは500単位かな?

プロファイルも保存できるような感じですが試してません。ボタン割付は選択肢が豊富で便利そう。マクロも組めます。

 値段を考えると、この手のマウスとしてはかなりいい製品だと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Asus TUF Gaming M5

自作PC系ブランドの TUF GAMING 名義で発売されたゲーミングマウスの M5 です。高級機と言うわけでは無くミドルレンジなセンサーを搭載してるのか価格は控え目...重量は85g、ミドルサイズでお尻が高めなデザインで価格の割にしっかり作られてるようですが開封時にマウス本...