Xenics Titan Alt Mechanical Tenkeyless

アルミ製でデザインの良さに魅かれて購入したキーボードXenics Titan Altです。たぶんオリジナルデザインで発売直後に入手できました。筺体は薄型だけど剛性感があり着脱式のUSBケーブルとなってます。オリジナルはハングル入力向けの白いキーキャップですが、今回はRoyal Kludge製のダブルショットキーキャップと交換してあります。軸は4種類でチェリー製です、私が入手したのは紅軸版となります。

ちょっとカッコいいパッケージ。

中央のロゴは「Alt」を模したデザインのようです。表のパッケージを見るとハングル入力版のキーキャップではなく英語表記なのでもしかしたら海外向けとかもあるのかもしれない...

この辺は英語表記。N-Key Rollover対応。

変なデザインの大陸系OEM品が多かったメーカーだけど...オリジナル品だと信じたい。

チェリー紅軸。

 中はこんな感じ。

添付品のマニュアルですが韓国語表記のみです。あとは引抜き工具に脱着式のメッシュケーブル。ケーブルはまぁ柔らかめでマジックバンド付でプラグは金メッキ処理されてます。

筺体デザインが秀逸でケーブル脱着式なとこが気に入ってます。キーキャップは前述しましたが他社製のものと交換してあります。交換前の画像も撮っておけばよかった...


通電するとこんな感じでカッコいい。輝度は4段かくらいで調節できます。これは輝度最高。

天板を筺体にはめ込んであるタイプですね。底面にネジ穴らしきものが見当たりませんので分解は難しそうです。

インジケーターは2か所。余計な修飾は無く「TITAN」のロゴが刻印されてます。LEDが綺麗に天板に反射してますね。

筺体コーナー部とかの造形も見事に加工されてます。大陸系とは一味異なるかなぁ?まぁ製造国は中国なんだけどね。

特に横からみたデザインが好きです。ちょっと背面部の高さが無いのが残念かなぁ?ちなみにチルトスタンドは装備されてません。

真上からの撮影。各種ショートカット機能はマニュアルを見ないと解らない...

Fn1からFn12まで何かしらのショートカット機能があるのですがマニュアルが韓国語なのでいまいちわからない...

インジケーターはCapsとWinキー無効化を表してます。

背面部のケーブル脱着部。センター配置ではなくやや右寄りになってます。

正面真横から見たところ。薄さが解りますね。薄いけど剛性や工作精度はかなり高めです。当然値段もTKLとしては高めです。送料と合わせると良い値段になってしまいます。

よこも薄めです。最近購入した大陸の新進キーボードメーカーDURGODのTKLなんかに似てるような気もします(工作精度とか品質、材質)


ちなみにオリジナルのキーキャップも品質の良さそうなダブルショットでした。

この長めの傾斜デザインが好き。

ケーブル接続部の作りもなんかお洒落な感じ。

底面は一体成型?なんか自作キットによくありそうな外観になってます。

製品シール。

滑り止めは4か所でシリコンみたいな素材です。小さめなので滑り止め効果が重量に対して弱めかな?アルミの曲線仕上げ処理は見事ですね。

チェリー紅軸です。打鍵感は筺体の剛性と相まって紅軸にしては硬質な打鍵って感じかなぁ?なんか押し込んだ時にドスンと言うかんじの音がしますが不快な感じではないです。

ちょっと照明不足で撮影したのでチェリーのロゴがぼやけてます。よくみると軸の左に分解用のネジ穴らしきものがある。

Royal Kludge製のキーキャップですが品質は良いです。 白色のLED向けキーキャップですね。

LEDの発行ギミックはまぁ標準的。動画じゃないと伝わりにくいので省略します。

任意のキーのみ発光させることもできます。ソフトウェアではなくFnキーの組み合わせで設定可能です。

ゲーム向きはこれかなぁ...

 

 

 


0 件のコメント:

コメントを投稿

Spigen Regnum A100 Mouse Pad

12月になったら更新頻度を上げると言いながらサボってます。今は工具とかガジェット系に夢中なので暫く物欲がそっちに向きそうですが...来年は自作PCなど久々に考えております。記事化できるデバイスはまだ50以上あるのでぼちぼち更新していきます。 今回はマウスパッドですがあまり...