Xiaomi Mijia Blasoul Y720 lite

わりと世界的に有名な大陸メーカーXiaomi(小米科技)のゲーミングブランド?BlasoulののY720 Liteです。 詳しく調べてないけどY720Pro版がありPro版はPMW3389搭載でこのLiteはPMW3330搭載かな?有名なメーカーなので物は良い感じです、剛性とか工作精度、表面処理など有名どころと比べて遜色ない出来栄えなんだけど...なぜかソフトウェアが起動しない...まぁクラウドタイプのソフトウェアなのであまり乗り気ではないんだけど...ソフトウェアの更新は頻繁に行ってるようなのでそのうち更新されたタイミングで再度ダウンロードして追記するかもしれません。(たぶん押入れ行で二度と目にすることは無さそうだがww)

  • Brand Name: Blasoul
  • Model Number: Y720Lite
  • Type: USB Wired
  • Hand Orientation: Both Hands
  • Number of Buttons: 7
  • Weight: 180g
  • Feature 1: 7 Programmable Buttons
  • Feature 2: RGB LED Light Effect
  • Acceleration: 30G
  • DPI: adjustable DPI, maximum 7200DPI
  • Length of mouse cable: 1.5 m
  • Mouse size:  128.1mm*77.25mm*40.9mm


パッケージは丁寧に作られてます。一応大陸圏のオンラインショップなら簡単に手に入ります。上位版はそれなりに高いかなぁ...

英語と中文表記になってます。なんかソフトウェアが動かないのが萎えてるので、てきとうに流します。

Pro版になるとPMW最新センサー搭載でサイド面のLEDとかもいじれるようです。

カードタイプのマニュアルとステッカーが付属してます。

マニュアルはこんな感じ。

マジックバンドとUSBプラグ部にメーカーロゴが付いてます。ケーブルはやや細身のメッシュタイプだけどかなり柔らかい。

デザインは3種類とも同じデザインで中身のセンサーとかマイクロスイッチLEDに差異があるようです。オリジナルっぽいですね。

重量が180gとか記載されてるけどもう少し軽い気もする。でもまぁ国内では軽量穴ぽこマウスが人気だから見向きもされないでしょうねww

縦長でかなり低目のシルエットになってます。表面処理はラバーっぽいかなぁ?大型マウスなのでホールド感は良い。サイド面もそこそこ強力な滑り止め効果があります。

左サイド。やはりサイドスカートがあると操作しやすい。

右サイドはこんな感じでやや傾斜してる。LEDはソフトウェアでカスタマイズできるようだけど...今のところソフトウェアが起動しないので未確認。底面にプロファイル変更用のボタンがあってプロファイル毎のカラー変化は見られました。

左上にDPI値のインジケーターがあります。

中々美しい表面処理です。両サイドの滑り止めはかなり効果がある。

かなり背が低いでしょ?サイドボタンは遊びが無く反応が良さげ。おそらくタクトスイッチでしょう。左右メインボタンはオムロン製とのこと。

DPIボタンとホイール。

細かいところの造形が見事ですね。

お尻側にもロゴがある。

底面です。細身のソールが印象的。赤いボタンがプロファイル変更用のようです。

ソフトウェアでカスタマイズしたら使いやすいような気がしてるんだが...よくあるパターンではインストール時に中文の文字がインストールパスに含まれて起動しないなんてのはよくあったけど、このソフトウェアは英語表記だったし管理者権限でインストールしたんだけどまったく動く気配がありません...大陸圏以外の接続を弾く様なソフトウェアなのか?ほかのPCでも試してみるか...

0 件のコメント:

コメントを投稿

SteelSeries QcK FaZe Clan Edition

マウスパッドとしては知名度の高い SteelSeries の Qck です。サイズが大きいので私の机では置き場所の制限があり中々使いにくいのですが...デザインに魅かれて購入したって感じの FaZe Clan Edition の紹介です。著名なクランらしいですが私は良く知らな...