Qpad UC V2 Pro Gaming Mouse pad

QpadUC V2です。サイズは色々有るようですが今回セール価格だったのでUC-36というのを購入しました。まぁミドルサイズですかね?
Qpadには思い入れがあって、デバイス沼にはまるきっかけになったメーカーです。確か同社の初めてのマウス5kをネットで見つけて「なんて美し形のマウスなんだぁ~」と即注文した記憶があります。その頃のQpadは個人ショップ風な感じで、梱包材に手書きで私の名前とか住所が書かれてました。最近ではFedexとかで送ってくるらしいけどその頃はスウェーデンポスト便だったかなぁ?当時の梱包材は記念にとってありますww

そんな想い入れのあるメーカーですがマウスパッドのパッケージングには問題がありますね...柄物とかのマウスパッドとか幾つか所有してますがとにかく巻きぐせがひどいのが特徴です。大陸版Qpadなら平坦なパッケージのものも有るのですが...今回入手したUCも巻きぐせがきついです。コンパクトなパッケージじゃなく余裕のあるパッケージングにしてほしいですね...

  • SIZE: 360x300mm
  • Thickness: 3mm
  • Surface:Heat treated fabric
  • Base: Natural rubber
  • Stabilizer: Cross weave natural rubber
  • Weight: 188g
 
 こんな感じで細身のパッケージに収まってます 

以前のプラ製円筒形ではなく紙ベースの素材ですね。あ~でも最初期の製品は紙ベースでもっと大きかったかな?

サイズはたくさん有るようですが国内価格は高め...まぁ輸入しても送料は高いからなぁ。

 「36」っていうのは横サイズを表してるようです。

開封した時に嫌な予感がありました...

モノとしては好きなんだけど...コーティングは無いので滑りまくるというパッドじゃないです。

これは開封直後。少し波打ってて生地面にスジがあるのが解りますね。両端も内巻きになってます。

あまり生地面には良くないそうですが、2日ほど逆巻で寝かせたのですが...浮きが取れません。

放置すれば平坦になるってことは経験上ないですね...

記事を書いた後は暫く重しプレス状態にして放置ですね...

 steelseriesQckあたりと似たような素材のロゴ。熱転写かなんかかな?V2ってことらしいけどV1はどうなんだろう?

 操作感は粘りのあるコントロール向けってとこかな。

 底面はこんな感じ。

 裏返しにしてみます。

くるくるっと勝手にこうなります...

0 件のコメント:

コメントを投稿

RiZUM G-Factor V2 Pad

RiZUM は韓国のメーカーで同国の大手? Xenics とか Maxtill なんかのライバル的なメーカーかな?パッケージデザインとかが3社の中で一番私好みです。マウスの方は数点購入済みなのでそのうち記事にするつもりですが、今回はマウスパッド V2 の紹介です。サイズは...