Teamwolf Metal Keycaps

オリジナルのチェリー互換軸も発売してるteamwolfの金属製キーキャップセットです。この手の製品は大陸系では多いのですがあまり品質や工作精度が良くないのですが(中堅や大手と言われるメーカーより個人店?みたいなショップの製品がそこそこ品質がイイ)これは中々良さげだったので購入してみました。素材はステンレスで軽量なとこが良かったかなぁ。

 このメーカーのパッケージはどの製品もお洒落で好き。チェリー互換軸なんかは専用の金属製台座付きで販売してます。ただ軸としての品質はいまいちなんだけどね。

 「矢印キー」がなくて「WASDキー」とその周辺のキーとなります。専用の引き抜き工具がかなりカッコいい。

 小型ですが使い勝手がイイ工具です。特に3つの溝が滑り止め効果抜群でつまらない引抜き作業がはかどります。

 チープさを感じさせないアルミ加工処理?文字部分は型抜きしてあります。この手の製品でメッキ加工っぽい塗装処理の物がありますが、アレはおもちゃっぽくて買う気になりません...

薄めだけどヘアライン風な表面処理が美しい。こうしてみるとやはり「矢印キー」も欲しかったかな。

個体差かもしれないけど若干エッジ部が雑なのもある...

文字部分はくり抜いてあり、樹脂っぽい素材を流し込んであるようです。

他社製品との違いはここです。十字の部分がアルミ一体成型になってるとこです。他社製だと軸受けの部分はプラ素材になってて金属製の本体に接着剤でくっつけてるのが多いと思います。

 そのかわり文字部分の処理がちょっと甘いかな?

重さは4gほど。

これは一般的なメカニカルキーボード用のキーキャップ。最近紹介したBloodyのキーボードの交換用キーです。記事で紹介するのを忘れてました。重さは1.3g

 よく見るとBloodyのキーキャップはロジクールのキーキャップみたいな加工になってました。

これは某ゲームのMODキーキャップ。

D-vaのうさちゃんマークです。でもこれはコピー品でオリジナルはもっと工作精度が良いwww。

これも金属製の一体成型ですが重いです。

本題からそれましたが...早速取り付けてみます。

取り付けたのは愛用キーボードのMistel Barocco銀軸です。フォントは違和感ないですね。

LEDが無くても視認性は良さそう。

 LEDを点灯させるとイイ感じになります。側面の反射が美しい。

 打鍵感はそれほど変化しませんが打鍵音は大きく変わりました。金属製だと低音が強くなる感じです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Lincats NKEY-R3 RGB Mechanical Gaming Keyboard

Lincats は深圳系のメーカーで韓国の Skydigital 製品なんかを中文圏で販売してるメーカー?のような気がします。パッケージとかは独自版ですが Skydigital のゲーミングマウスなんかも発売してます。(公式サイトはあるけど更新されてないしドライバー類もダウン...