GMK QMX-Clip Sound-Dampening Brackets

以前購入したメカニカルキーボードの打鍵音を抑える?Zealencio Silencing Clipsと殆ど同じような製品のGMK QMX-Clip Sound-Dampening Bracketsです。Zealencioは大陸メーカーのようですがこちらは独逸メーカーのようですが価格はZealencioの半額程度で専用の引抜き・取り付け工具とマニュアルが付属してます。

Zealencio製の物はビニール袋に無造作に詰め込まれてたけど、こちらはちゃんとしたパッケージです。

 110個入りで基板?に合わせて2種類のタイプがあるようです。
  • Plate-mounted
  • Pcb-mounted 
通常はPlate-mounted版かな?Pcb-mounted版は自作キットのキーボード向けかもしれません。

左がGMK QMX-Clipで右がZealencioです。値段の開きがあるのに安い方が豪華なパッケージなのが不思議...

小っちゃいパッケージに上手く収まってます。

左がPlate-mounted版で今回購入したのはこれ。

 マニュアルはドイツ語、英語とかで日本語の解説文はありませんが、イラストで脱着工具の使い方は解ります。

 マニュアルに載ってたこのキーボード欲しいなぁ...

引抜き工具はキーキャップの引抜きにも使えるようになってます。正確には脱着ではなく装着専用でキーキャップには引抜きとして使うようです。左のマイナスドライバーみたいので爪を外して引き抜くようです。

 ドイツのロゴ。

 まずはキーキャップを引き抜きます。でもこの工具使い勝手はよくないかなぁ...

 キーキャップの引抜きはおなじみの工具の方が扱いやすいかも...

 手前側の縦穴のとこにLEDを合わせるのかな。

トップ面にZealencio製に使われてる物と同じシリコン?素材のクッションが付いてます。

並べてみました。左がGMK QMX-Clip Sound-Dampening Bracketsで右がZealencio Silencing Clipsです。

側面部にと4隅に違いがありますね。

 軸とロックさせる部分が少し違うかな?

 キートップ面に対するクッションの構造は似てるね。

こんな感じに取り付けて軸側に押し付けて装着します。まぁ指先で押し込んでもよさそうです。

 押し込んでもロック音がしません...よく感がたらこのキーボードKailh軸だった...たしかチェリーとかガテロン軸推奨とか見たような記憶が...残念ながらKailh軸ではいくら押し込んでもロックできないようです。

 うまく装着できてるように見えますがユルユルで動いちゃいます...ちなみにZealencioもロックできませんでした。

Mistelのキーボード派チェリー銀軸なので問題なく装着できます。押し込むと「カチッ」とロック音がしてしっかり固定されます。

こんな感じです。ちょっと軸の位置がずれてるような?

あ、上から見るとそうでもないか。

 横から。

打鍵音はマニュアルによると10dB程抑えられるとのことですが...まぁそんなもんでしょう。劇的に静かになるってことはないです。あとは打鍵時の押下感が多少まろやかになる感じです。筺体との反響音も少し抑えられるかなぁ?

取り外しはこんな感じで爪を横にずらして持ち上げる。丁寧にやらないとは破損しちゃいそうです。注意しないと基板とか筺体側に傷を付けちゃうかもね。

お手軽価格なので余裕があればもう1セット買ってみようかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿

KBDfans KBD661 Custom Keyboard Kit

久々の更新ですが今回はマスドロップ経由で購入した自作キーボードキットの KBD661 の作成記事です。と言っても自作キーボードに関しては素人同然の私なのでこれから自作しようという人の参考になるようなことは書いてありませんww パッケージは黒一色でややくたびれた感じ.....